FC2ブログ
Warld of warcraftの初心者Guildである「Sita」では、初心者さんからRaidを楽しみたい方まで幅広く募集中。ブログにコメント頂くか、ゲーム中「kokoinko」までwisperしてくだされば対応いたします。
Zul'Aman 3rd BOSS -Jan'Alai-


Zul'Aman 3rd BOSS -Jan'Alai-

ルートテーブルは以下。
http://www.wowhead.com/?npc=23578

(PILLAGEによる記事を適当に翻訳)







<Jan'AlaiまでのTrash>




この区間のtrashは処理は難易度が高い(Blizzardが
明らかに移動区間の退屈さを考慮したものであろう)。


<Amani'shi Scouts>
このnon-elite mobはBossまでの道程をパトロール
しており、一連のpackは進行を頻繁に妨げることになる。
Packの近くにいくつかのDrumを見つけることができる。
ScoutとDrumそれぞれ単独は容易に倒すことができ、
なんら脅威ではない。しかし、Scout + Drumが脅威
である。ScoutはRaidメンバーを発見した途端に
Drumへダッシュする。そしてもしDrumへの到達を許して
しまったら2匹のElite guardを呼び出す。故にRaidは
常にScoutの存在に注意を払い続け、発見と同時に
即対処しなければならない。

Scoutは全てのCC immuneであるが、root/snare/stunは
有効であるためそれらを駆使してDPSを集中させること。

また、ScoutはRaidの目の前に沸く傾向にあり、常に
2・3匹が徘徊していると考えて良い。後述の安全地帯を
確保することを心がけ、aggroしてしまっても落ち着いて
Drum到着前に処理すること。

このscoutの他に5 packsのmobがBossまでに存在する。



<First Pull>

2匹のFlame Casters、1匹のGuardian 、1匹のScoutで
構成される。追加のGuardを呼び寄せる前にScoutを
stun/rootさせ、迅速に処理するのがbestである。
Flame Casterを1匹CCし(Polyが最適)、もう1匹に
フォーカスし処理する。GuardianはDispell能力が
あるのでCCは必要以上にかけ続けること。容易に
DispellさせないためにFlame CasterとGuardianを
離すというのも良い。最初のCasterとGuardianを処理
した後、CCされているCasterをKill。
このpackではMageのお楽しみTimeとなる。というのも、
Flame Casterは時折Haste buffを身にまとうのだが、
これをSpellstealすることが可能。とんでもない速度で
spell castすることが出来るようになる。


<Second Pull>

1pack目処理後、Scoutに注意しつつ前進する。進行方向
左側を移動すること。右壁の裏側にMobが隠れており、
aggroしやすい。全員が意識して移動することでその
packをパスすることができる。しばらく進むとTrainer、
Scout、4匹のDragonhawkのセットがいる。そのpackの
いる丘陵斜面右側に沿い、1本の木が立っている地点
まで移動。この地点は比較的安全であるためRaid全員が
この木の裏側に待機する。Scoutを最速で処理し、タンクが
TrainerとDragonhawk を木の裏側までpull。Trainerは
ランダムメンバーにSleepをキャストしてくるが、
dispellできるためそれ程脅威ではない。比較的安全
とはいえ、この地点周辺にもScoutが徘徊しているため、
立ち位置に注意すること。もしScoutがaddした場合は
そのまま木の裏に待機し、タンクがguardをキープして
対応すること。


<Third Pull>

先程のpackがいた地点から石壁に張りつくように
北へ移動する(複数本の木が立っている場所まで
その状態)。そこに見える小さな空間が安全地帯で、
pullに最適である。目の前にいるScoutを処理して
進むと2匹のFlameCasters、Guardian、Scout、
Dragonhawkのpackが見てとれる。1st packに
Dragonhawkが加わっただけの構成なので、同様に
処理する。戦闘中も安全地帯付近に位置取ること。


<Fourth Pull>

先程の安全位置から左に移動し、最初の階段踊り場で
待機。ここから前方に見えるScoutを処理する必要はない。
Trainerと2匹のDragonhawkが待機位置から見て右上の
階段を周回している。右側に寄りすぎると階段下のmobが
aggroしてしまうので注意すること。TrainerをFirst Killし、
Dragonhawkを次に処理する。


<Fifth Pull>

最後のPullは2匹のFlame Caster と2匹のGuardianで
構成される。1匹のFlame CasterをCCし、もう片方をkill。
続いて残りを処理。RaidはBossへと続く階段の最下段に
位置している。



<Raid Composition>

タンク:2人
1人はBoss本体を、もう1人はdragonhawkを担当する。
後者にはProt Palが最もふさわしい。

ヒーラー:3人
特筆事項無し。

DPS:5人
AoE可能なclassが多いほど望ましい。Mageとwlkを最低
1人ずつは確保したいところ。



<Abilities>

Flame Breath
ランダムメンバーを対象に細い直線上の炎を吐く。
その直線上にいる全てのメンバーに4-5k fire dmgを
与える。散開して複数人が受けるのを防ぐこと。


Hatchers and Dragonhawks
断続的にBossは2匹のHatcherを呼び寄せる。彼らは
約6kのhealthを持ち、登場と同時に卵が敷き詰まった
プラットフォームへと移動開始する。到着すると卵を
徐々に孵化させて約6k healthのdragonhawkを生み出す。
このdragonhawkはPlateに対して数百のdmgしか与えないが、
「flame buffet」系のDebuffを付与する。これは450の
DDとスタック毎に被fire dmgが3%上昇する効果を持つ。

各プラットフォームには20の卵が配置されており、
Bossのhealtが35%になった時点で全てが同時に孵化する。
このため、Hatcherにわざと卵を孵化させ、5-6匹の
dragonhawを処理していかなければならない。


Teleport and the Balls of Firey Doom
Bossは時折Raid全員をプラットフォーム中央に呼び寄せ、
エリア全域にBalls of Firey Doomをまき散らす。
10秒後、ballは爆発し5y以内にいる全員に5k fire dmgを
与える。Balls of Firey Doom開始後、ballの隙間を
見つけて迅速に移動し爆発を回避すること。カメラ
(視点)を俯瞰状態に設定しておくと安全地帯を見つけ
やすいので、推奨する。このイベント中はエリア外周に
flame wallが築かれるため壁際にあまり近寄らないこと。


Enrage
戦闘開始から5分後、BossはEnrage状態になる。
物理ダメージが上昇するため、ヒーラーはそれまで
以上の注意が必要になる。



<Pre-Pull Positioning>

Bossはプラットフォームの裏側に位置しているため、
Raidメンバーはあらかじめエリアに入り散会することが可能。



<The Pull>

単純にMTがpullを行いコーナー位置にBossをキープ
する。それに合わせて残りメンバーは散会すること。



<The Plan>


配置は以下の図を参考に。




Threatが十分に構築された時点でattackを開始。
Flame Breathを複数人がくらわないよう注意すること。

dragonhawkの処理
開始間もなく、Bossは2匹のHatcherを呼び寄せる。
彼らは入り口の階段を上がった後に数秒停止し、
いずれかのプラットフォームへと移動開始する。
メンバーの誰かが片方のHatcherにマークを付け、
全員でこの1匹を殲滅する。予め2匹目のHatcher専属
DPSを決めておく。その担当はいつでも卵の孵化を
止められるよう、Hatcherのhealthをある程度削って
おくこと。3-5匹程度の卵が孵った時点でHatcherを
倒すのがベストである。上述の通り、Bossのhealthが
35%を切った時点で残っている全ての卵が同時に孵化
してしまうため、上手く処理を進めるのが重要である。
Prot Palがいると多数のdragonhawkをキープすることが
可能になるため卵処理が早く進み、Enrageをむかえた
Bossのタンクヒーラーの負担を減らすことができる。

OTがwarもしくはDruの場合、可能な限り沢山の
dragonhawkをキープして殲滅を計るのだが、一度に
3-4程度が限界と思われる。


Balls of Firey Doom
もしOTがdragonhawkへのaggro構築を行っている最中に
このイベントが発生した場合、aggro controlが
途切れてしまう。そのため爆発後もdragonhawkが
残っていることになり、全DPSerはそれの殲滅を行うこと。



参考動画は後日追加





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://warcraftsita.blog109.fc2.com/tb.php/49-c596122c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック