Warld of warcraftの初心者Guildである「Sita」では、初心者さんからRaidを楽しみたい方まで幅広く募集中。ブログにコメント頂くか、ゲーム中「kokoinko」までwisperしてくだされば対応いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Karazhan 2nd BOSS -Moroes-


Karazhan 2nd BOSS -Moroes-

ルートテーブルは以下。
Karazhan 2nd BOSS -Moroes-

(www.bosskillers.com、 b420さんによる記事を適当に翻訳)






<Introduction>

MoroesはKarazhanの2ndボスであり、ダンスホールに隣接する
食堂に位置する。4人のゲストが彼を取り巻いており、
戦闘開始と共にaddする。ゲストは6種類の中からランダムで
選ばれるが、インスタンスから30分以上離れて戻ることで
再度選び直される。不運な組み合わせであった時に試して
みるとよい。しかし、Bossまでの雑魚Mobが、タイマーにより
復活することを考慮する必要がある。


<Overview and Preparation>

殺るか殺られるかという表現が似合うBoss戦である。
ゲストやMoroes本体を削るのに時間がかかりすぎると、
後述するGarrotedというDebuffによりヒールが間に合わなく
なりWipeしてしまう。このような時間不足を感じるようで
あれば、flaskなどの使用を推奨する。ShmがMeleeグループに
いる場合はStrength of Earth totemsを、キャスター
グループにいる場合はMana Springを使用すると良い。
このBoss戦はAoEなどの範囲攻撃が無いためポジションを
厳密に決める必要がない。各Raidグループの好みに合わせる
ことができる。


<Group Composition>

Bossの特殊Abilities(後述)のため、2タンクが必要である。
ゲストをShackleするとかなり有利であるため、出来る限り
2人のPriを用意すべきである。PalのBlessing of Protection
や Turn Undead、Cleanseも有効である。


<Abilities>

Blind
MoroesはBoss戦を通じて、Threatリスト2番目のプレイヤーを
対象にBlindをキャストする。対象となったプレイヤーは
しばらくの間行動不能になってしまうが、Blindは毒効果
であるためdispelが可能。

Gouge
Boss戦を通じて最もthreatの高いプレイヤーにキャストされ、
行動不能にする。上記のBlindと近いタイミングで発動して
しまうとthreat3番目のプレイヤーにaggroが移行してしまう
ため、注意が必要である。

Vanish
Garrote(次に記述)をキャストする直前、Moroesは忽然と
姿を消す。暫くした後、MTの元へ自動的に戻る。

Garrote
このBoss戦のキーとなるability。Vanishした後ランダムな
ターゲット1名にキャストされる。3秒毎に約1kの物理dmgを
5分間に渡り与え続ける。PalのBlessing of Protectionで
解除可能であるため、メインヒーラーなどの重要なメンバーに
キャストされた場合は速やかに解除すること。
また、Limited Invulnerability Potion.でも解除可能である。
戦闘が長引くとGarroteを受けているプレイヤーが蓄積し、
ヒーラーのManaが底をついてwipeしやすい。

Enrage
Moroes のHealthが30%になった段階で攻撃速度とdmgが
増加する。この状態になると、他のabilityを使用しなくなる。


<Moroes' Guests>
Bossを取り巻くゲストは6種類の中からランダムに4人が
選ばれる。

1:Baroness Dorothea Milstipe(Shadow Priest)
Mind flayや100%のManaを失わせるMana Burnを使用してくる。
Healthとarmorが低いため1番か2番目に倒すのが望ましい。

2:Lady Catriona Von'linda(Holy Priest)
Healthとarmorが低く、他のゲストやMoroesをヒールしようと
するため早めにKillすべきである。

3:Lady Keira Berrybuck(Holy Paladin)
自身やBossをヒールし、またDispel Shackleを使用してくるため、
Kill優先順位は高い。Blessing of Mightをキャストしてくる
が、dispelが可能。

4:Baron Rafe Drueger(Retribution Paladin)
可能ならばShackleキープしたいゲスト。Hammer of Justiceを
使用してくるため、CCを行う者は注意が必要。

5:Lord Robin Daris(Mortal Strike Warrior)
非常にアグレッシブで危険なゲスト。出来る限りBossを倒すまで
CCかKiteするべきである。タンク可能なクラスに余裕があれば
彼を担当するのも1つの手である。

6:Protection Warrior(Mortal Strike Warrior)
Protなのでそれほど危険ではないが、削るのに時間を要する
ためMoroesを処理するまでCCかKiteすること。


ヒーラーとSpriを優先にKillし、RetPal/MortWarはCC後に
処理。ProtWarはBoss後に処理というのが一般的である。



<Strategy>

MTとOTが切り込む形で開幕する。あらかじめ決めておいた
通りにCCを行いゲストの動きを早めに封じること。
Moroes がBlindをタンクに使用したのを確認したら、
もう片方のタンクはすぐさまBossに背を向ける。これにより
Gouge対象から逃れることができ、ヒーラーに攻撃が及ぶのを
防ぐ。ヒーラーなど重要なクラスがGarroteを受けた場合、
PalはBoPを使用し解除を行うこと。Pal自身がGarroteを
受けた場合、divine shieldで解除することが可能である。
MageのIBも同様である。

Enrageに移行後はひたすらDPSを行い、一刻も早くBossを倒し
にかかること。ここでヒーラーのManaが切れるか、Bossが
倒れるかのレースとなる。

Bossが倒れた後、最後までCCをしていたゲストを落ち着いて
処理する。

HunやWlkのペットをCCしているゲストにぶつけないよう
注意が必要である。PriのShadowfiendも同様である。


取り急ぎ適当に翻訳しました。

以上を踏まえて以下の動画をご覧ください。


1:画質は低いですが解説入りのMovie
(解説文字が出た時に一時停止すると読み易いです)




2:比較的画質の良いMovie
こちらからどうぞ





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「2番目に出るからと言って、2番目に雑魚いというわけではない」というBoss。個人的感触としては、DPSのギアチェックBOSSだと思います。Garrotで時間がたつと、「かならず全滅」するので、できるだけ速やかにMobを倒して、Bossを倒すことが必要。MTとOTでMores+雑魚一匹Tankという方法は結構有効。
2007/07/07(土) 08:50:18 | URL | Okachi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://warcraftsita.blog109.fc2.com/tb.php/20-5942ba13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。