Warld of warcraftの初心者Guildである「Sita」では、初心者さんからRaidを楽しみたい方まで幅広く募集中。ブログにコメント頂くか、ゲーム中「kokoinko」までwisperしてくだされば対応いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sunwell 3rd -Felmyst- Killed !!

熱暴走に怯える季節がやってきました。
そういうエラーの場合、WoWのクライアントだけではなく
マシンごと落ちるような気がするのですが、どうなんでしょうか…

今日のTry中、3度程クライアントが落ちてしまったの
ですが、原因は不明。add-onを削ってみたり試行錯誤が
要るようです。

早くPCを買い替えよう…

と、どうでもいい愚痴はさておき Felmyst をようやく
Killすることができました。





Green Vaporのコール役を任されていたのに、肝心なところで
判断ミスが連発した時には泣きそうになりました。
体調を整えて望むBossだなあと…
全員が本当に頑張って動いてくれているので、責任重大です。
もっとMovieを見て研究しておきます。


さあ、次は Dropにバラエティのある Eredar Twins です!!





スポンサーサイト
Bull on the Bear

ZAのタイムアタックに通うこと十数回…

昨日、ようやっとBear mountのRollに勝つことが
できました!!
今までなぜかこのマウントのRollにはいい目が出て
いなかったため、今回も諦め半分でいたのですが
本当にウレシイ限りです。





Bear mountの取得者も15人くらいになったでしょうか。
DPS ringとHexのDPSキャスターTrinket、ラストのtrinket
などまだ欲しいモノは多い…
1時間ちょっとくらいでbadge13枚というのもお得ですね。


Sita 単独でも攻略自体は終えているので、タイムアタックに
挑戦開始の予感がしています!



Sunwell Plateau 4th BOSS -Eredar Twins-

Sunwell Plateau 4th BOSS -Eredar Twins-

(Bosskillersによる記事を適当に翻訳)







この戦闘は、2体のBossと2段階のstageで進行する。
Stage1は両Bossと、Stage2ではLady Sacrolash
(Grand Warlock Alythessの幾つかの能力を引き継いでいる)
のみと対峙する。戦闘を通じてFire/shadow それぞれの
debuffを上手く管理しなければならない。いずれかのdebuff
スタックが過剰になった場合、リセットする作業が必要である。
戦闘開始から6分後にEnrage状態となり、1人ずつ1 shotで
Killしていく。



<Raid Setup>


Melee Tank:Lady Sacrolashのタンクに2人

Ranged Tank:Grand Warlock AlythessのタンクにWlkが1人

Healer:この解説では11人のセットアップとなる。resto shmが
3人、resto Druが2人、Holy Priが2人、Palが4人。3人のPalと
そのPalをヒールするPriを含んだ1グループを作る必要がある。

Melee:1グループ

Renged:Shadow Priが2人必要。1人はMeleeタンクをヒールし、
もう1人はRanged DPSをヒールする。


以下に、推奨グループ構成を示す。

------------------------------------------------------

Group1 : Melee Tank2人とWlk Tank(残り2枠はhunterあたりを)
Group2 : Raid本隊のヒーラー。resto shmを1人含むか、
        もしくは好みのアレンジで。
Group3 : Melee DPS。resto shmを1人含むか、…
Group4 : Ranged DPS。ヒーラーを1人。
Group5 : 対Lady Sacrolash ヒールgroup (2 pal, 1 holy pri,
        1 shadow pri, and 1 resto druid or pal)。

------------------------------------------------------

示したように、G5はLady Sacrolash ヒール専用。Pal2人は
Shadow Resistance Aura および Concentration Auraの
ためと、Divine Shieldによるダメージ軽減がMeleeタンクの
円滑なヒールに重要である。3人目のヒーラーはresto druid か
Palが必要。4人目はramp上のヒーラーgroup全体をヒールする
HolyPri。5人目はmana供給のためのShadow Pri。全員が
shadow resistance gearを装備しているため、このSpri効果は
大きい。



<Gear Requirements>

Melee Tanks:通常のTank gearとPvP trinket。

Melee Tank Healers:Phase1でMelee Tanksのヒールを担当する
者はshadow resistance gear装備が必須。
その担当のPal2人は、aura無しで315のshadow resistanceが、
他の2ヒーラーは最低でも240程度が求められる。

Conflagration(後述)から逃れるため、Raid全員が2 minute
PVP trinkets を身につけること。



<Buffs and Consumables>

ヒール効果もしくはDPSを向上させるconsumeを使用。Shadow
Protection PotionはPhase2で有効だが、必須ではない。




<Abilities>


《 Lady Sacrolash (Shadow Twin) 》


<2人のMeleeタンクに直接使用されるAbility>


Confounding Blow
8-9kのMelee dmgと共に6secの間タンクを錯乱させ
(hunterのScattershotをもらった様な状態)、コント
ロールを失わせる。また、その間Bossからのaggroを
失う。1st Tankがこの状態に陥ったとき、2nd Tankが
すぐさまBossをキープすること。


Shadow Blades
2500-3500の物理dmgと、ターゲットにDark Strike
を付与する。


Dark Strike
1500-2000のshadow dmgと移動速度が10秒間、
10%低下するdebuffを与える。このdebuffは5まで
スタックする。


<Raid全員を対象としたAbility>



Dark Touched
ヒール効果を5%ずつ低減させるdebuffで、100%まで
スタックする。Lady Sacrolashが使用する全てのshadow
dmg系Abilityで付与される。Fire dmgを受けることによって
のみ取り除かれる。


Shadow Nova
Grand Warlock Alythess からのThreatが最も高い
プレイヤー(Tank以外)を対象にしたAoEで、通常
DPSerがそれに該当する。CDは30秒。ターゲット
周囲10y範囲に約3000のshadow dmgを与える。
Raid全員のFlame Touched をリセットさせるため、
Stage1で全メンバーにHitさせること(後述)。


Shadow Image
Lady Sacrolash のミニコピーが現れるが、ターゲット
及び攻撃不能である。このコピーは割と短時間で
消失する。Raid本体とLady Sacrolash との間に距離を
設けることで、Raid本隊への到達を回避することが
可能。範囲内のランダムプレイヤーを攻撃し(2-3k
shadow dmg)、Dark Touched を付与する。また、
ランダムな間隔でShadowfuryを与える。


Shadowfury
Shadow Imageのmelee攻撃により付与される。1.5-2k
dmgと8y範囲内の全員に2秒間のスタンを与える。




《 Grand Warlock Alythess (Fire twin) 》


Pyrogenics
Bossが自身にかけるbuffで、全ての与Fire dmgを35%
増加させる。速やかなSpellstealまたはPurgeが求められる。


Flame Touched
Dark Touchedと相反する位置づけ。Grand Warlock Alythess
からのFire dmgを300/3secの割合で増加させる。これは
5000dmg程度までスタックする。shadow dmgを受けることで
このdebuffはプレイヤーから取り除かれる。Raid全員/melee
group はFlame Touchedを除くためにShadow novaを受ける
必要があり、互いに10y以内の距離にまとまっているおくこと。


Conflagration
Lady Sacrolashのthreat listにいるプレイヤーを対象に
かけられる3secキャストタイムのdebuff(Phase1におい
ては大抵タンクとヒーラーがその対象となる)。Bossから
の距離がいかに離れていたとしても対象になる。
5秒間狼狽(Scattershot様の効果)し、1.6k dmg/secを
受ける。また、一時的にbossのaggroを失う。キャスト
間隔は30sec毎で、8y以内にいるプレイヤーは同様の
効果を受ける。PvP trinketを使用することにより、dmg
部分を含めた効果から逃れることが可能。

Phase2では、Conflagrationが対象にHitした後、8y内に
入ることでshadow debuffを解除することができる。
キャストが終わる前にターゲットの8y内にいるプレイヤー
はコントロール不能とDoT効果の両方を受けるが、
Conflagrationが対象にHitした後に8y範囲に入った
プレイヤーは、1.6k dmg/secのFire dmgのみを受ける。


Blaze
Grand Warlock Alythessのタンク位置に使用される。
地面を燃やすeffectで、その上にいるプレイヤーに
2.6-3.5k / 2sec のFire dmgを与える。Wlkタンクは
常に移動し、このダメージを避ける必要がある。範囲は
約2-3yと狭く、wlkタンクが位置しているRampの手すり
部分と同じ程度。


Flame Sear
3人のランダムプレイヤーを対象に 1.3k / sec Fire dmgを
6秒間与える。Bossからの距離は無関係で、キャスト間隔は
10-15秒毎。Flame Touched のdebuffスタックが瞬く間に
上昇するため(秒間1スタック=6スタック)、集中した
ヒールが必要とされる。



<< Phase1 >>






<The Pull>

Grand Warlock AlythessはWlkタンク自身がpullし、
Lady SacrolashはHunterのMDでMeleeタンクに向か
わせる。Meleeタンクは、Lady Sacrolashをrampの
上まで誘導する。


<The Fight>

Dark Touched debuffを取り除くために、時折Fire dmgを
受ける必要がある(Raid全員)。その一方で、Flame
Touched debuffを除くのにshadow dmgを受ける作業が必要。
これを怠ると、debuff数が制御できずどちらかが大幅スタック
してしまう。Raidメンバーの大半はFire dmgをより多く受ける
ことになるため、適時Shadow Novaの範囲に入ることでFlame
Touched を取り除く。Melee タンクのヒーラーはshadow dmgを
より多く受けることになるため、BlazeやFlame Sear、Confla
grationの範囲に入ってDark Touched debuffを取り除く。


<Lady Sacrolash>


Melee攻撃主体なので部屋内を移動させることが可能。

Meleeタンクそれぞれに専属ヒーラーを1人ずつ割り当て
るのが望ましい。Meleeタンク担当ヒーラーは、LOSを
起こさないようにRamp周辺に位置しなければならないため、
必然的に Lady Sacrolash の Shadow Image範囲に入る
こととなる。それ故にかなりのshadow dmgに晒される。
3番目のヒーラーは2人のタンクヒーラーがスタンを受けた
際にケアする一方、ヒーラーチーム自体のヒール補助
(4thの手伝い)を行う。4番目のヒーラー(Holy Priが
望ましい)は他のメンバーからやや後方に位置するが、
依然Shadow Imageの範囲内であるため、shadow resis-
tance gear は必要である。役割としてはヒーラーチームを
ヒールすること。各ヒーラーはConflagrationの影響対象を
毎回1人に抑えるため、8y以上の距離を互いに保って
配置すること。

2人のタンクはLady Sacrolash をRamp上の平坦な位置に
キープし、自身はヒーラーからLOSしない位置にいること。
Lady Sacrolash は、できる限りGrand Warlock Alythess や
Raid本体がいる中央部から離してタンクすること。それに
よりShadow ImageがRaid本体に届くのを避けられる。

Rampに位置している全員がshadow debuffを除くために、
Blaze範囲内へと駆け込む必要がある。ヒーラーだと10
スタックを基準にし、タンクは直接Bossのaggroを取って
いない状況で必ずこの作業を行う。Blazeの約3k dmgを
しっかりヒールすること。


<Grand Warlock Alythess>

Grand Warlock Alythess へのRenged DPSと担当ヒーラー
はスタックし、また別にスタックしているmelee groupと
10y以内に距離を保つ。これによりShadow Nova を全員で
受け、Flame Touched debuffを取り除くことが可能。
部屋内の全員がランダムでFlame Sear を受けるため、
ヒーラーは注意を凝らし迅速なヒールを行うこと。

For the main raid
Conflagrationのターゲットとなったプレイヤーは、その
キャスト中にRaid本体から飛び出して距離をとらなければ
ならない。Conflagrationを受け、錯乱状態になったプレイヤー
は速やかにPvP trinketを使用して効果を除くこと。その後
速やかにRaid本体に戻りヒール/DPSを行う。

For the healers on Lady Sacrolash
Ramp上のヒーラーが互いにしっかりと8y程度の距離を
保っていれば、Grand Warlock Alythess がConflagration
をキャストしても影響が及ぶのは1人で済むはずである。
対象となったプレイヤーはPvP trinketを使用し、ヒール
作業に戻る。

Phase1はGrand Warlock Alythess が倒されるまで続く


<Phase 1 Class Comments>

Main Tanks
Conflagrationの効果を同時に受けるのを避けるため、
2人のタンクは反対の位置に最低8yを保って立つ必要がある。
1人のタンクがConflagrationを受けた場合、もう1人が
速やかにbossをpick upすること。それによりbossが走り
出すのを回避できる。Conflagrationを受けたタンクは
PvP trinketを使用すること。また、shadow debuffにも
注意しなければならない。Grand Warlock Alythess
タンクのいる側にあるBlaze範囲に入ることで解除すること。

Warlock Tank
Grand Warlock Alythess のタンクはRampの手すり部分に
位置し、それに沿ってBlazeを配置(誘導)する必要が
ある。それを踏むことにより、後方のMeleeタンク及び
そのヒーラーはshadow debuff を容易に取り除くことが
可能。できる限りRampに位置し、Raid本体のヒーラーから
LOSしないよう心がける。

Melee DPS
確実に残りのRaid本体から10y以内に位置すること。
Conflagrationの対象となったプレイヤーは速やかに集団
から離脱し、PvP trinketを使用して元の位置に復帰する。

Hunter:MDでpullを補助する以外は他と同様。

Mage
Grand Warlock AlythessのPyrogenics buff を察知して
Spellstealを行う必要がある。

Priest
指定されたgroupでCircle of Healing もしくは Prayer of
Healingを使用するのが好ましい。全員のhealthを最大値に
保つよう心がける。

Druid
1人はgroupのヒールを、もう1人はwlkタンクのヒールを
担当する。 Tree form時は移動速度が低下するため、
Conflagration対象になったときは注意すること。

Paladins/Melee tank healers
Paladinはshadow debuffに注意し、適時Blazeでリセット
すること。Lady Sacrolash のタンクに連続ヒールを行う。
Shadow Imageによりスタンなどのトラブルが生じた場合は
Divine Shieldを使用する必要がある。3番目のヒーラーは
状況に応じてタンクもしくはヒーラーgroup自体をヒールする。

Shaman:Chain Heal でRaid本体をヒールする。



<< Phase2 >>






<The Pull>

2人のmeleeタンクはLady Sacrolash を部屋の中央部へ
誘導する。


<The Fight>

Lady SacrolashはConflagrationのskillを使用するように
なる。自身がPhase1で使用してきたskillもそのまま保持する。
ConflagrationはFire dmgを与えるだけとなり、 Dark Touched
debuffの解除に利用できる。Lady Sacrolash が中央に到達
すると、全員がShadow Imageの攻撃対象となり得る。
したがって、Dark Touched debuffに注目し、約10スタック程度
でリセットする必要が生じる。Conflagrationを受けたプレイヤーに
走りこみ、Dark Touched debuffを除くこと。1度に多くの
プレイヤーがShadowfuryによるスタンを受けないよう、Raidは
適度に分散しておく。

Ranged Players
2つのgroupはそれぞれRampに移動し、Ramp上で散会する
こと。手すり付近に位置することでヒール及びDPSすることが
可能。ヒーラーからのLOSに注意。Conflagrationの対象と
なった場合、キャストが終わる前にRampから飛び降りるか
移動すること。間違ってもmelee位置に近寄らない。
他メンバーがshadow debuff解除を要する場合があるため、
PvP trinketは使用しないこと。効果終了後、速やかに元の
位置に戻る。Dark Touched debuffが蓄積してきたプレイヤー
はConflagration対象プレイヤーの元に走り、解除を行う。

Melee
Melee DPSとタンクは部屋の中央に位置し、DPSを行う。
Conflagrationの対象となった場合は図に示す位置へと
移動する。上記Ranged Playersの項と同様にPvP trinketは
使用しないこと。


<Phase 2 Class Comments>

Main Tanks
同時スタンを回避するため、数yの距離を保つこと。1人が
錯乱状態に陥った際には、もう1人がbossをpick upすること。
Conflagrationの対象になった場合、図の位置へと移動する。
もう片方のタンクが錯乱状態になっている場合のみPvP
trinketを使用して即chargeし、bossをキープする必要がある。
shadow debuffのスタック数に注意し、他メンバーの
Conflagrationを利用して解除すること。

Melee:Phase1と同様の位置。

Ranged DPS:Rampに位置し、Conflagration対象となった
場合飛び降りること。

Priest:Phase1と同様。

Paladin:meleeタンクにヒールを行う。

Shama:自身の位置する側のRampを担当し、ヒールを行う。


-----------------------------------------------------





Sunwell Plateau 3rd BOSS -Felmyst-

Sunwell Plateau 3rd BOSS -Felmyst-

(Bosskillersによる記事を適当に翻訳)







ご存知 Sunwell Plateauの3rd BOSS。FelmystはBrutallusを倒した後に
Dead Scar上空を旋回し始める。


<Raid Composition>

9 Healers
2 Tanks
14 DPS

Mass Dispelのために、最低3人のPriが必要(2人または
3人全てShadowが好ましい)。
ProtPalがいるとPhase2が容易になるため強く推奨される。



<Buffs and Consumables>

Classと役割によって異なるが、最大DPSとmana regenを
意識すること。同GrpにShadow Priwo持たないHealerと
AoE DPSは、特にmana regenに留意する必要がある。
flaskやelixir、weapon oils/stonesやDestruction Potions、
Drums of Battle/Restorationなど考えられる全てを
投入すべきである。TankはFlask of Fortificationと
30 stamina food及びIronshield Potionsを携行すること。



<Gear Requirements and Notes>

当たり前だが、BrutallusをKillできるqualityのgearを
持つメンバーが必要。MTはNR gearを着用しない。
ポジション移動の機会が多いBOSSであるため、
Run speed向上enchantまたはminor run speedの
meta gemを強く推奨する。



<Abilities>

約 7000000 HP 、10 minでEnrage。
Enrage後は500%dmg増加。



《 Phase 1 》


Corrosion (Nature)
Main aggro target のみが対象となる。約10kの
Nature dmg(3/3 Improved Defensive Stanceを
取っているProt warに平均8k以上と考える) 。
キャストタイムは0.75sec。リフレクト及びレジスト不可。
被弾後、10秒間MTが受ける物理ダメージが増加する。


Noxious Fumes (Nature)
BOSS周囲100y範囲に及ぶAuraで、3秒tick毎に
1k dmg。レジスト不可。


Gas Nova (Nature)
Raid全体に 1k mana drain & 3k health dmg / 2sec の
debuffを付与する。キャストタイムは1secで、Cooldownは
20-25秒。dispel可能だが、レジストは不可となっている。


Encapsulate (Arcane)
ターゲット(ランダムで選出)の方向を向き、ピンク色の
ビームを放つ(channel cast)。対象を6秒間カプセルで包む
と同時に、周囲にピンクの小球をばらまき、カプセル化対象
及び20y以内にいる全てのメンバーに3.5k/2sec のdmgを
与える。このsukill自体を回避することは不可能だが、
IceblockやCloak of Shadows、Divine Shieldで取り除く
ことは可能。


Cleave (Physical)
BOSSの前面にいるプレイヤーに約7k dmg。



《 Phase 2 》


Demonic Vapor (Nature)
ランダムなターゲットに緑色のビーム状fireを放つ。
これは約10秒間、通常のプレイヤー歩行速度で
対象を追尾する。また、ビームの経路跡にはskeltonが
spawnする。ターゲット以外のメンバーが 炎の中にいる
/残り火に触れる などすると、2-2.5k dmg / tick の
DoTが10秒間付与される。この2次的なDoT付与に
よってもskeltonが発生するため、注意が必要。skelton
は約33kのhealthを持つ。


Dusting/Green Vapor
Phase2の間に3回、エリアの総面積の約1/3を
覆うブレスを放つ。このブレスの範囲に入ってし
まったプレイヤーは、戦闘終了までMind controll
される(解除不能)。更に僅かながらbuffを受けて
強化されるため、MCされた対象は速やかにKill
すること。



<The Pull>

上空を飛んでいるBOSSをaggroさせてしまうことが
あるため、いかなるAoEも使用してはならない。
Tankがshootもしくはthrownによりpullを行う。BOSSの
着地前にMDを入れること(着地前にthreatのビルドが
可能)。MAP上の地形であるlarge treeの直南側で
tankを行う。

他のメンバーはpull前に所定位置に着くこと。Mass
dispel grpは当然ながら一人のPriを含み、分散する。
ひとつの行動単位(grp)がMass dispelの最大有効数の
10を超えないよう注意すること。HealerとrengeDPS陣は、
BOSS寄りにいるmelee陣との距離を保ちつつ、Mass
dispelの有効範囲を踏まえてスタックするような位置
取りが求めれれる(下図参照)。5人であれば、一人を
中心として正方形の頂点位置を意識するとよい。他に、
grp内の誰かがEncapsulateを受けた際に素早く分散
できるよう、単に1箇所にまとまっておくという方法もある。
Raid全体にダメージが及ぶ機会が多いため、Pal
ヒーラーはMT担当が望ましい。






<The Fight>

2つのphaseに分かれる。Phase1はBOSSが地上に
いるGround phase、Phase2は空中にいるAir Phaseである。


-------------------------------------------------------


<Phase1 (約1分間)>

Bigwigs もしくは DBMの様なタイマー表示アドオンを
推奨する。Gas Nova とEncapsulateの両タイマーを
常に意識すること。ただし、CDに幅があるため、あくまで
ひとつの目安とする。Gas Novaは通常1度のPhaseで
2回のキャストとなるが、このCDのずれの関係上、1回
となる場合がある。Encapsulateもまた同様である。

アドオンタイマーでGas NovaのCooldown終了が迫って
きたら、Priは同一行動単位Grp全員にMass dispelが
hitする場所まで移動すること。初弾より後のダメージを
受けないよう、1秒キャストタイムの発動を確認すると同時に
Mass dispelをキャストする。余剰tickのdmgはメンバーを
死に至らしめてしまうので注意。MT担当Palは、速やかに
Mass dispel範囲外のMTをdispelすること(Prot palが望ましい)。

Phase1においてもう一つの大きな問題がEncapsulate
である。BOSSはこのスキルのキャスト前に一度対象の方へ
向きを変える。自分の所属するgrp方向へ向いたのを確認
すると同時に、そのgrp全員が移動を開始すること。ヒーラー
の方向へ逃げるのが望ましいが、もっとも重視すべきは
Encapsulate対象プレイヤーから遠ざかることである。
Encapsulateが終了したのを確認し、Mass dispel用の配置に
速やかに戻ること。Iceblock や CoS、Divine Shieldは
Encapsulateを取り除くことが出来る。

Encapsulate中、BOSSはMTを攻撃しない。ヒーラーは
Encapsulateされた対象を優先してヒールし、次に移動が
遅れたプレイヤーへとヒールを行う。MT担当ヒーラーは
MTを放置してよいわけではない。完全に回復するまで
しっかりとヒールを行うこと。

もしMTがEncapsulateを受けてしまった場合、両melee
grpはdmgを避けるため後方へ退避すること。この場合、
Encapsulateキャストの為にBossが向きを変えることが
無いためMTがEncapsulateを受けたことに気が付きにくい。
気が付いたメンバーがいち早く報告するなどの措置が
必要である。

Corrosionは1度のPhase1でおおよそ2回キャストされる。
ただ、良いヒーラーのいるRaidであればそれほど問題で
はない。BOSSのアタックスピードはそれ程速くないため、
2PalとHoTヒーラー1人でMTを生かすことが可能である。
Improved Thunderclap とImproved Demoralizing Shout
(2/5, 5/5 if CoR) を推奨する。


---------------------------------------------------


Phase 1 (Raid Roles)

MT:最大のthreatを稼ぐ。Encapsulateからのdmgを
避けるため、僅かな移動を強いられる可能性がある
以外、動くことはない。

Main Tank Healers:Corrosion debuffに注意し、厚い
ヒールを行う。Encapsulate中は、他のヒーラーと同じ
ようにRaidヒールを行う。ただし、Encapsulateから
通常状態に移行する際のタンクヒールには気を遣うこと。

Raid Healers:Raid全体が常にダメージを受けるため、
chain healなどの多対象ヒールを使用すること。
Corrosion時にはMTにヒールを行うよう心がける。

DPS:Phase1に入る度にthreatに注意すること。
Encapsulateから逃げる最中もインスタントスキル等を
駆使してDPSを継続すること。Phase2のskelton処理後、
少ないながらregeneration時間が存在する。Phase1
終了後、Bossが飛び立つ際にもDPSを行う。


------------------------------------------------------


<Phase2 (約1分20秒間)>

BOSSが飛び立った後すぐに、Raid全員で南の
Flame(壁になっている炎)の方へと移動する。
Demonic Vaporが開始するまでDPSを行うこと。
緑のビームが現れたら、追尾対象となったプレ
イヤーはエリアを区切っている炎壁(中央エリア
から左右どちらか)に沿った場所し、ビームを避ける。
避ける場所は図を参照のこと。中央と北エリアを
避けるのは、残りメンバーの退避場所確保のため
である。1度目のDemonic Vaporのビーム終了後、
次のビーム開始まで約2秒の時間が設けられている。






2度目のビーム開始間もなく、Raidはマップオブジェ
クトのbig treeへと移動すること。ビーム対象になって
いないメンバーは可能な限りBossへDPSを行う。

Demonic Vaporの緑ビームが地面に到達して数秒後、
その跡からskeletonが現れる(ビーム毎に約10体)。
Prot Pal だとConsecratingをビーム軌跡に沿って、
また、Righteous Fury PalだとRaidヒールを行い、ske
letonのaggroを確保する。WarのThunderclapは最初の
aggroを取るのに適しているが、適応可能mob数が
少ないため、feralDruもaggro獲得のhelpに動くと良い。


2度目のビームが始まり、Raidがbig treeへとたどり着
いても、まだAoEを開始しないこと。もしProtPalがいるなら、
このパートは非常に簡単である。Prot pal がいなければ、
mobのkiteやその他タンクの仕事が恐ろしいことになる。
このskeleton処理において、Earthbind Totemは非常に
有効。1回目のGreen Vapor dustingの前にskeletonへの
DPSを行う必要性はない。Aggroの問題と、単にskeleton
のhealthが33k程度と少ないのがその理由である。


一人の優秀なRaidメンバーを指定し、2回目のDemonic
Vapor beamが開始した直後から、Bossの位置監視/報告を
任せる必要がある。Rogueが適しているが、それに限らず、
skeleton処理でそれ程重要でないclassなら誰でも可。

Bossは第1positionとして、西側に移動して停止する。Dustを
放出する位置を見定める必要がある。Bossの監視/報告役は
速やかにBossの移動と位置取りを報告し、Raidが以下の
3パターンのいずれの行動を取ればよいか指示すること
(下図参照)。

--------------------------------------

A:Tree位置にいる(Bossは南でdustを行う)
B:南に走る(Bossは北でdustを行う)
C:Tree位置にいる(Bossは最南でdustを行う)

--------------------------------------












Raid全員がTreeに密着しないこと(南の安全地帯に入る
時間が非常に限られており、移動が困難に思える場合もある)。

Green Vaporが地面に到達した後、Raid本体はゆっくりと
そのdustに近づく。もちろんdustの中に入ってはいけない。
安全地帯までの移動をスムースに行いたいと思うであろう
が、注意すること。場所移動が必要のない場合にはある
程度の距離をキープするくらいが良い。

誤ってGreen Vaporに入ってしまったプレイヤーはMCされ、
fearなどのRaidに不都合なskillを使用する可能性が高い。
そのため、すぐにkillすること。MCされたプレイヤーに
Silencesやstunを入れるのは有効である。

FelmystはPhase2の間、左右を切り返すように3度Green
Vaporをキャストする。もし移動が遅いプレイヤーがいる
のであれば、次のGreen Vaporが来るのと逆サイドに
本体を位置させると良いかもしれない(多少の時間稼ぎ)。


DPSは最初のGreen Vaporが完全に終わるまでskeleton
への攻撃を待つ。それでも、Skeleton処理には充分すぎる
時間が設けられている。Tankにしっかりとthreatを稼いで
もらうためにも、この点は重要である。










3度目のGreen Vaporの後、Felmystは東の端に着地する。
このとき、aggroリセットは存在しないため、aggroを抑える
skillを持つDPSは使用を考慮する。もしMTが余裕を持って
theatトップにいるのであれば何も問題はない。BossとHigh
threatなDPSerの距離が近いならMDは必須である。Phase1
の開始位置を西側にする行為は、tankが所定位置に着く
/DPSを行うまでの時間をlossするのと、Mass dispelのための
配置を崩しかねないという理由から避けるべきである。


---------------------------------------------------


Phase 2 (Raid Roles)


Tanks:healerやDPSにもれたskeletonを拾い集める。
必要があればAE tauntを使用する。Demoralizing
Shoutのhelpを行う。Prot pal は2度目のDemonic
Vapor が終わると同時にTree位置でAoEを開始。
その他メンバーはそのAoE位置にskeletonを連れて
行く。ビームを追いかけるようにConsecrationする
のも有効である。


Righteous Fury Healer:2度目のDemonic Vapor が
始まると同時にTree位置へ移動。Earthbind Totemを
駆使してKiteを行う。


Healers:Demonic Vapor中は2つの集団に分かれ、
fight areaの左右それぞれに位置する。範囲内の
全員を全快に保つ。Skeleton登場後は、tankを
メインにヒールを行う。


DPS:Tankの合図と共にAoEを行う。Prot Palのaggroが
十分であることを確認すること。Bossが1回目のdustを
行うまでDPSを行うことを強く推奨する。


Shaman:全てのskeletonが倒されるまでEarthbind
Totemを使用する。

Mages:Frost Novaは使用しないこと。Meleeレンジの
skeletonが全て襲いかかってくる。Improved Blizzardは
有効である。一方、Frostbiteは必要ではない。


------------------------------------------------------


参考動画







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。