FC2ブログ
Warld of warcraftの初心者Guildである「Sita」では、初心者さんからRaidを楽しみたい方まで幅広く募集中。ブログにコメント頂くか、ゲーム中「kokoinko」までwisperしてくだされば対応いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欲しいITEM 2007/11/30
入手したいアイテム。とりあえずヒール用だけ。


<< Head >>

Crown of the Sun
Drop From  Kael'thas Sunstrider

Hood of the Third Eye  → 12/2 無事獲得
Drop From  Hex Lord Malacrass

Nordrassil Headguard
Drop From  Vashj

Helm of Natural Regeneration
Drop From  Jan'alai

-------------------------------------------------

<< Neck >>

Lord Sanguinar's Claim
Drop From  Kael'thas Sunstrider


-------------------------------------------------

<< Chest >>

Nordrassil Chestguard
Drop From  Kael'thas Sunstrider


-------------------------------------------------

<< Wrist >>

Rejuvenating Bracers  → 12/7 無事獲得
Drop From  Rage Winterchill

Gargon's Bracers Peaceful Slumber
Drop From  Badge vender


スポンサーサイト
KaelをKill

さてさて長い間こつこつトライしていたKaelですが、
本日ようやっとKillすることができました。
深夜までかかるかなあ、と覚悟していましたが
テンポ良く進み規定時間内に無事クリア。

時間がなかったのでイイ感じにスクリーンショットが
撮れませんでしたが、一応掲載。(クリックで拡大)





そのままノリでHyjal Summitに足を運んでみましたが、
なんとも広くて楽しそうな場所でした。

今後の25manが益々楽しみです。


Zul'Aman 臨時メニュー


Zul'Amanボス攻略情報 臨時メニュー



Boss 1 : Nalorakk
Boss 2 : Akil'Zonk
Boss 3 : Jan'Alai
Boss 4 : Halazzi




Zul'Aman 1st BOSS -Nalorakk-


Zul'Aman 1st BOSS -Nalorakk-

ルートテーブルは以下。
http://www.wowhead.com/?npc=23576

(PILLAGEによる記事を適当に翻訳)








<NalorakkまでのPath>






Harrison Jonesと共にゴングを鳴らしてエントランスの扉を
開けると、Zul'Amanの世界に入ることができる。
それと同時に2人のガードおよび数匹のnon-eliteがPop。
MTとOTでキープしつつAoEでそれらを倒すと、
ZAを見渡せるメインフロアーに進むことができる。



<First Pull>

メインフロアーからつながる右側の階段を下りて進む
(左でも可だが普通は右を選択)。そこで、奥に
見える滝から階段下を周回する2人のMobを確認すること。
立ち位置によっては視界に入りづらいため全員が注意すること。

Medicine Menをファーストキルのターゲットとする。
このMobは2種類のTotemを出す(Amani Healing Totem と
Amani Protective Ward)。Totemはpop後速やかに処理
すること、特に後者は最速で。Protective Wardが出現
している間、エリア内にいる全てのmobにimmunity
shieldがかかる。これはPalのDivine Shieldが永続して
いるような状態である。これ以降の同Trash packは
同様に処理すること。



<Second Pull>

最初のPackを処理した後、西に進むとNalorakkが前方の
小さな丘に立っているのが見てとれる。彼に見つかると
3匹のTrollをけしかけてくるので、Drink等のセット
アップが整うまで不用意に近づかないこと。Packは
Axe Throwers と Tribesmanで構成される。2人のタンク役が
それぞれ1Mobをキープし、CCerがAxe Throwerを1人
担当する。Pull準備が整ったら、1人のタンクがNalorakkに
接近する。3匹のtrollは丘から迂回路を通ってその
タンクにaggroする。迂回路途中見える次Packはaggro
しない。

Tribesmanは程度の弱いノックバックを、Axe Throwerは
タンク以外に斧を投げつけてくる。そのどちらもそれほど
脅威ではない。このPackを処理すると、Nalorakkは後方の
階段を駆け上がるように逃げていく。



<Third Pull>

次に2匹のAmani Bearを処理することになる。単純に
2タンクでキープする。Bearは程度の弱いEnrageと、
断続的に「Crunch Armor」と呼ばれるarmor debuffを
使用するが、これもそれ程の脅威ではない。2匹の
Bearを処理した後、やや奥に同じPackを確認する
ことができるが、左壁に張り付くようにNalorakkが
立っていた丘へ移動することで戦闘回避することが可能。



<Fourth Pull>

階段踊り場の中程に近づくと次のPackをaggroして
しまうので注意すること。右側の壁に張り付き、
Nalorakkが初めに立っていた位置に移動する。
こうすることで、続くpullの準備時間を作る
ことができる。Nalorakkの周りには4人のTroll
ガードがおり、接近することでaggroする。Packは
Tribesman、 Medicine Men 及び Axe Throwersで
構成されているがいずれもこれまでに処理した
mobである。Medicine MenをCCし、Axe Throwers と
Tribesmanを先に処理するのが望ましい(Totem処理に
かかる無駄な時間を節約)。このPackを処理すると、
Nalorakkは再び奥へと走り去る。次のPackはaggro
rangeが広いため不用意に接近しないこと。



<Fifth Pull>

Packは2体のAmani'shi Warbringerで構成される。
2タンクがそれぞれキープするターゲットを、ヒーラー
もしっかりと担当を決めること。相当なgearがないと
タンクがcutされてしまう。Mobが使用してくる
Debuffを重ねて受けないようにそれぞれがある程度の
距離を取ってタンクすること。上記Debuffは
「Warbringer's Furious Roar」と呼ばれ、前方
コーン型範囲に位置するプレイヤーに被ダメージ
増加を付し、Mob自体の攻撃力も上昇する。よって
タンク以外のMeleeはMobの全面に位置しないこと。
WarbringerはHealthが25%を切るとマウントから降り、
2体のMob扱いになる。マウント部はMT・OT以外の
メンバーに向かって走っていくため、タンクは速やかに
マウントをキャッチすること。
Kill orderは Rider>マウント部>次のWarbringerという
順になる。



<Sixth Pull>

Nalorakkは最上段のプラットホームに位置しており、
最後のPackは2 Warbringers と 2 trollsで構成される。
TrollはMedicine Men、Tibesman、Axe Throwersの
いずれかからランダムで選ばれるようである。
2人のタンクがWarbringerとTrollをそれぞれ1匹ずつ
タンクし、TrollをFirst Killするというのが一般的
である。しかし、TrollがMedicine Menであった場合
CCを行い他のMobをKillすると楽である。4mobの処理後、
階段部分に集合しBoss戦の準備を行う。



<Time Trial>

ZAにはタイムトライアルが存在する。ZAの入り口を
開いた瞬間から最初のBossであるNalorakkまでに
20分の時間が与えられる。これに成功すると捕虜を
助けることが出来、optional lootを獲得することが
できる。この20分が経過する前にBossを倒す必要が
あることに注意すること。

タイムトライアルに挑戦するための心構え

インスタンスにSaveされると同時にカウントダウンが
開始されるため、全員が準備完了となってからゴングを
鳴らすこと。各Pullに時間をかけてはならない。
Trash mobとの戦闘終了時Health残量や移動等にも
気をつかい最速を心がける。とにかくBossに割ける
時間を最大にすること。1wipeはタイムアタックに
致命的である。




<Raid Composition>

タンク:2人
Nalorakk戦には2タンクを要する。それぞれのFormで
1人ずつタンクを担当。Troll formにおいては
bleedスキル効果を増強するdebuffが付き、Bear
formでは2種類のbleedスキルを使用してくるため
1タンクでは到底ヒールが間に合わない。

ヒーラー:3人
ZAはT5レベルのgearを要求するため2ヒーラーでは
かなり厳しい。4人以上のヒーラーはRaid全体の
バランスという観点から適さない。

DPS:5人
Melee、Rangeのどちらが好ましいということはない。
MeleeeDPSはBossのcleaveに注意する必要がある。




<Nalorakk the Bear Avatar>

170万のhealthを持ち、ハードヒットが特徴。
ギアチェックBossである。2つのフェイズを交互に展開する。



<Troll Form>

Troll formで戦闘が開始される。
Plateに約3.5k dmgの打撃。


<Abilities>

Brutal Swipe
正面範囲へのCleaveで、Plateに約11k dmg。
このダメージは複数人が受けることで分割することが
可能。2人のタンクがBoss正面に立ちダメージを二分
するのが理想的である。


Mangle
Troll formでのみ使用。約1k dmgとターゲットに
bleed dmgが100%増加するDebuffを付与する。


Surge
このスキルもTroll formでのみ使用。ランダム
メンバーにチャージし、約4k dmgと軽いノックバック
効果を与える。Armorによって軽減可能。
ターゲットに近接するプレイヤーにもダメージと
ノックバック効果を与えるため、レンジ位置の
プレイヤーも適当に分散しておく必要がある。
ただ、それほど脅威的なスキルではない。



<Bear Form>


<Abilities>


Deafening Roar
Bearに変身する度にAoE roarを使用。約1.25k dmgと
2秒間のサイレンス効果をレイド全員に付与する。


Lacerating Slash
Bear formでのみ使用。Bleed効果で約1.7k dmg/2 secを
18秒間与える。


Rend Flesh
Bleed効果で2.3k dmg / secを5秒間与える。



<The Pull>

Troll form担当のタンクが戦闘を開始する。
Pull出来る範囲に入ったらそこで停止し、Bossを待つ。
即座にThreat構築を開始。Bear form担当のタンクも
Bossの正面に常に居続けること。他のMeleeメンバーは
Boss後方に、レンジはBossを中心に馬蹄形配置。



<The Plan>

Nalorakkはタンクのスイッチングが全てである。
Phase切り替え時の迅速なTauntが求められる。

Troll Phases
このFormでは2人のタンクが共にBoss正面に位置し、
Brutal Swipeのダメージを分割る。また、MTにMangleを
使用するがこのPhase中においてはなんら脅威ではない。

Bear Phases
Bear formに切り替わると同時に担当タンクがtauntし、
Bossをキープする。これが遅れると、Mangleのdebuffを
持ったTrollタンクにBleed効果を持つスキルがhitし、
死にかねない。Bear担当タンクに2つのbleedスキルが
スタックした場合、ヒーラーはタンクのhealthに
最大の注意を払うようにする。このPhase中に1もしくは
2度ほど2秒のサイレンスを使用するが、サイレンス直後の
タンクHealthが低い場合、生き残れる可能性はかなり低い。
ヒーラーは各タンクのhealtjを可能な限り最大に保つよう
注意することが重要である。


参考動画は後日追加





Zul'Aman 2nd BOSS -Akil'Zon-


Zul'Aman 2nd BOSS -Akil'Zon-

ルートテーブルは以下。
http://www.wowhead.com/?npc=23574

(PILLAGEによる記事を適当に翻訳)







<Akil'ZonまでのTrash>





The Gauntlet
Bossまでの一連のpullは“The Gauntlet”(クリント・
イーストウッド出演の映画)に例えられる。Akil'Zonの
いる台座に続く坂道に到着すると、1人のscoutを発見
することができる。彼はメンバーを見つけると逃げだし、
坂を駆け上がって行く。これを止めることはできないので、
イベントの開始合図として見守っていればよい。

4組のElite Trollが坂道の途中に配置されており、2人の
タンクがそれぞれ1ずつをキープしていく形となる。20-30
秒間隔でnon-eliteのeagleが数匹向かってくるため、
両タンクはなんらかのスキルを使用してこれを出来る
限り掻き集める。この間もRaidメンバーはEliteに
フォーカスし続けるべきである。加えて、戦闘開始後30秒
ほどで後方よりElite trollが2匹ずつ登場する。この
trashのポイントはとにかくEliteを迅速にKillして前進し
続けるという点にある。4組のElite trollを倒すと、
前方階段位置にAmani'shi TempestというMobを確認できる。
このmobがGauntletをコントロールしており、彼を倒す
ことでmobの発生が停止する仕組みになっている。



<First Pull>

メインフロアーからつながる右側の階段を下りて進む
(左でも可だが普通は右を選択)。そこで、奥に
見える滝から階段下を周回する2人のMobを確認すること。
立ち位置によっては視界に入りづらいため全員が注意すること。

Medicine Menをファーストキルのターゲットとする。
このMobは2種類のTotemを出す(Amani Healing Totem と
Amani Protective Ward)。Totemはpop後速やかに処理
すること、特に後者は最速で。Protective Wardが出現
している間、エリア内にいる全てのmobにimmunity
shieldがかかる。これはPalのDivine Shieldが永続して
いるような状態である。これ以降の同Trash packは
同様に処理すること。




<Raid Composition>

タンク:2人
Boss戦自体にはタンク1人で十分であるが、連続trash時
にもう1人必要となる。Boss戦時にDPSへと容易にシフト
できるという観点から、Feral Druidを1人用意するのが
最適である。

ヒーラー:3人
かなりヒールが厳しいBoss戦である。Akil'zon自身の
殴りダメージは大したモノではないが、AoE lightningや
頭上を飛び交うeagleからのダメージがRaid全体に及ぶ
ため広い視野が必要になる。

DPS:5人
ややレンジDPSの方が好ましい。3人以上のMeleeDPSが
いる場合はトラブルになりやすい。BossまでのTrash処理
には2人以上のAoEerが欠かせない。




<Akil'zon the Eagle Avatar>

ZAのセカンドBossで、130万のhealthを持つ。



<Abilities>

Soaring Eagles
Akil'zonはstormを使用した後に必ず複数のeagleを召喚
する。わずか数千のhealthしか持たず、ランダムメンバー
にEagle Swoopと呼ばれるダイブ攻撃を仕掛ける
(約1.5k dmg)。Eagleは攻撃することが可能。これを
放置しておくと、次第に数が増え始めBossを倒す前に
力尽きてしまう。


Call Lightning
MTに約4k Nature dmgのbolt of lightningをキャストする。


Static Disruption
ランダム対象とその10y以内にいるメンバーに約3.5kの
Nature dmgとNature dmgが25%増加してしまうDebuffを
付する。このDebuffはスタックし、20秒間継続する。


Gust of Wind
ランダムプレイヤーを空中に放り上げる。着地時に
プレイヤー最大healthの50%分のダメージ。MageやPriは
Slow fallもしくはLevitateを使用することでdmg 回避
可能。Levitating中にeagleが攻撃してくると落下状態に
戻ってしまうことに注意する。出来るなら空中でeagleで
攻撃すると良い。


Electrical Storm
約1分毎にランダムメンバーを中に持ち上げ、対象の周りに
嵐雲を巻き起こす。この雲は雷をあちこちに発生させ、
時間経過と共にこのダメージが増加する。対象となり宙に
浮いたプレイヤーの直下に安全地帯(やや暗い円上範囲)が
発生し、そこに移動することでダメージを回避することが
可能。スキル発動後は速やかに全メンバーがこの安全範囲に
収まるようにすること。


Rend Flesh
Bleed効果で2.3k dmg / secを5秒間与える。



<Pre-Pull Positioning>

Boss戦に入る前に、全員がプラットフォームに上がって
おくこと。開始後エリア外周にバリアが発生し、移動が
遅れたプレイヤーは閉め出されてしまう。



<The Plan>


配置は以下の図を参考に。




Bossを取り囲むように散開すること。Static Disruptionを
複数人が受けないよう、距離をあけなければならないが、
必要以上に離れてしまうとElectrical Stormへの対処が
不可能になってしまうので注意すること。
MeleeDPSとタンクは最大meleeレンジを保ち、お互い離れる
こと。レンジDPS及びヒーラーは、床にある内側の四角形を
目印に散開するとよい。Electrical Stormが発生した場合は
全員が速やかに対象プレイヤーの直下に移動すること。
もしくはスキルタイマーを利用してElectrical Stormが
間もなくキャストされるというタイミングを見計らって
全員がMT位置に集合し回避するという方法もある。
ただし、運が悪いと全員がStatic Disruptionを受けて
しまう。

Akil'Zonが召喚するeagleは上空からプレイヤーを攻撃する
のだが、一定数で止まるわけではないため、処理をしないと
過剰のダメージによりヒーラー負担が重くなる。Wlkが
この処理に適している。BossにDoTを入れ、eagleには
Seed of Corruptionをキャストする。Wlkがいない場合にも
レンジDPSの誰かがeagleを担当すべきである。

ヒーラーに思った以上の負担がかかる戦闘になる。MT専属の
ヒーラーとRaidメンバー専属のヒーラーを用意するという
方法もある。

とにかくStormを避けられないと倒すことができないので、
何度かの経験/慣れが大切。



参考動画は後日追加





Zul'Aman 3rd BOSS -Jan'Alai-


Zul'Aman 3rd BOSS -Jan'Alai-

ルートテーブルは以下。
http://www.wowhead.com/?npc=23578

(PILLAGEによる記事を適当に翻訳)







<Jan'AlaiまでのTrash>




この区間のtrashは処理は難易度が高い(Blizzardが
明らかに移動区間の退屈さを考慮したものであろう)。


<Amani'shi Scouts>
このnon-elite mobはBossまでの道程をパトロール
しており、一連のpackは進行を頻繁に妨げることになる。
Packの近くにいくつかのDrumを見つけることができる。
ScoutとDrumそれぞれ単独は容易に倒すことができ、
なんら脅威ではない。しかし、Scout + Drumが脅威
である。ScoutはRaidメンバーを発見した途端に
Drumへダッシュする。そしてもしDrumへの到達を許して
しまったら2匹のElite guardを呼び出す。故にRaidは
常にScoutの存在に注意を払い続け、発見と同時に
即対処しなければならない。

Scoutは全てのCC immuneであるが、root/snare/stunは
有効であるためそれらを駆使してDPSを集中させること。

また、ScoutはRaidの目の前に沸く傾向にあり、常に
2・3匹が徘徊していると考えて良い。後述の安全地帯を
確保することを心がけ、aggroしてしまっても落ち着いて
Drum到着前に処理すること。

このscoutの他に5 packsのmobがBossまでに存在する。



<First Pull>

2匹のFlame Casters、1匹のGuardian 、1匹のScoutで
構成される。追加のGuardを呼び寄せる前にScoutを
stun/rootさせ、迅速に処理するのがbestである。
Flame Casterを1匹CCし(Polyが最適)、もう1匹に
フォーカスし処理する。GuardianはDispell能力が
あるのでCCは必要以上にかけ続けること。容易に
DispellさせないためにFlame CasterとGuardianを
離すというのも良い。最初のCasterとGuardianを処理
した後、CCされているCasterをKill。
このpackではMageのお楽しみTimeとなる。というのも、
Flame Casterは時折Haste buffを身にまとうのだが、
これをSpellstealすることが可能。とんでもない速度で
spell castすることが出来るようになる。


<Second Pull>

1pack目処理後、Scoutに注意しつつ前進する。進行方向
左側を移動すること。右壁の裏側にMobが隠れており、
aggroしやすい。全員が意識して移動することでその
packをパスすることができる。しばらく進むとTrainer、
Scout、4匹のDragonhawkのセットがいる。そのpackの
いる丘陵斜面右側に沿い、1本の木が立っている地点
まで移動。この地点は比較的安全であるためRaid全員が
この木の裏側に待機する。Scoutを最速で処理し、タンクが
TrainerとDragonhawk を木の裏側までpull。Trainerは
ランダムメンバーにSleepをキャストしてくるが、
dispellできるためそれ程脅威ではない。比較的安全
とはいえ、この地点周辺にもScoutが徘徊しているため、
立ち位置に注意すること。もしScoutがaddした場合は
そのまま木の裏に待機し、タンクがguardをキープして
対応すること。


<Third Pull>

先程のpackがいた地点から石壁に張りつくように
北へ移動する(複数本の木が立っている場所まで
その状態)。そこに見える小さな空間が安全地帯で、
pullに最適である。目の前にいるScoutを処理して
進むと2匹のFlameCasters、Guardian、Scout、
Dragonhawkのpackが見てとれる。1st packに
Dragonhawkが加わっただけの構成なので、同様に
処理する。戦闘中も安全地帯付近に位置取ること。


<Fourth Pull>

先程の安全位置から左に移動し、最初の階段踊り場で
待機。ここから前方に見えるScoutを処理する必要はない。
Trainerと2匹のDragonhawkが待機位置から見て右上の
階段を周回している。右側に寄りすぎると階段下のmobが
aggroしてしまうので注意すること。TrainerをFirst Killし、
Dragonhawkを次に処理する。


<Fifth Pull>

最後のPullは2匹のFlame Caster と2匹のGuardianで
構成される。1匹のFlame CasterをCCし、もう片方をkill。
続いて残りを処理。RaidはBossへと続く階段の最下段に
位置している。



<Raid Composition>

タンク:2人
1人はBoss本体を、もう1人はdragonhawkを担当する。
後者にはProt Palが最もふさわしい。

ヒーラー:3人
特筆事項無し。

DPS:5人
AoE可能なclassが多いほど望ましい。Mageとwlkを最低
1人ずつは確保したいところ。



<Abilities>

Flame Breath
ランダムメンバーを対象に細い直線上の炎を吐く。
その直線上にいる全てのメンバーに4-5k fire dmgを
与える。散開して複数人が受けるのを防ぐこと。


Hatchers and Dragonhawks
断続的にBossは2匹のHatcherを呼び寄せる。彼らは
約6kのhealthを持ち、登場と同時に卵が敷き詰まった
プラットフォームへと移動開始する。到着すると卵を
徐々に孵化させて約6k healthのdragonhawkを生み出す。
このdragonhawkはPlateに対して数百のdmgしか与えないが、
「flame buffet」系のDebuffを付与する。これは450の
DDとスタック毎に被fire dmgが3%上昇する効果を持つ。

各プラットフォームには20の卵が配置されており、
Bossのhealtが35%になった時点で全てが同時に孵化する。
このため、Hatcherにわざと卵を孵化させ、5-6匹の
dragonhawを処理していかなければならない。


Teleport and the Balls of Firey Doom
Bossは時折Raid全員をプラットフォーム中央に呼び寄せ、
エリア全域にBalls of Firey Doomをまき散らす。
10秒後、ballは爆発し5y以内にいる全員に5k fire dmgを
与える。Balls of Firey Doom開始後、ballの隙間を
見つけて迅速に移動し爆発を回避すること。カメラ
(視点)を俯瞰状態に設定しておくと安全地帯を見つけ
やすいので、推奨する。このイベント中はエリア外周に
flame wallが築かれるため壁際にあまり近寄らないこと。


Enrage
戦闘開始から5分後、BossはEnrage状態になる。
物理ダメージが上昇するため、ヒーラーはそれまで
以上の注意が必要になる。



<Pre-Pull Positioning>

Bossはプラットフォームの裏側に位置しているため、
Raidメンバーはあらかじめエリアに入り散会することが可能。



<The Pull>

単純にMTがpullを行いコーナー位置にBossをキープ
する。それに合わせて残りメンバーは散会すること。



<The Plan>


配置は以下の図を参考に。




Threatが十分に構築された時点でattackを開始。
Flame Breathを複数人がくらわないよう注意すること。

dragonhawkの処理
開始間もなく、Bossは2匹のHatcherを呼び寄せる。
彼らは入り口の階段を上がった後に数秒停止し、
いずれかのプラットフォームへと移動開始する。
メンバーの誰かが片方のHatcherにマークを付け、
全員でこの1匹を殲滅する。予め2匹目のHatcher専属
DPSを決めておく。その担当はいつでも卵の孵化を
止められるよう、Hatcherのhealthをある程度削って
おくこと。3-5匹程度の卵が孵った時点でHatcherを
倒すのがベストである。上述の通り、Bossのhealthが
35%を切った時点で残っている全ての卵が同時に孵化
してしまうため、上手く処理を進めるのが重要である。
Prot Palがいると多数のdragonhawkをキープすることが
可能になるため卵処理が早く進み、Enrageをむかえた
Bossのタンクヒーラーの負担を減らすことができる。

OTがwarもしくはDruの場合、可能な限り沢山の
dragonhawkをキープして殲滅を計るのだが、一度に
3-4程度が限界と思われる。


Balls of Firey Doom
もしOTがdragonhawkへのaggro構築を行っている最中に
このイベントが発生した場合、aggro controlが
途切れてしまう。そのため爆発後もdragonhawkが
残っていることになり、全DPSerはそれの殲滅を行うこと。



参考動画は後日追加





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。