FC2ブログ
Warld of warcraftの初心者Guildである「Sita」では、初心者さんからRaidを楽しみたい方まで幅広く募集中。ブログにコメント頂くか、ゲーム中「kokoinko」までwisperしてくだされば対応いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SSC 5th BOSS -Leotheras the Blind-


SSC 5th BOSS -Leotheras the Blind-

ルートテーブルは以下。
http://www.wowhead.com/?npc=21215

(www.bosskillers.com、Fergieさんによる記事を適当に翻訳)







<Group Composition>

他のBossに比べ、それほど厳密なclass制限はない。
必要に応じて入れ替え、ギルドに合った構成を試みて
みるとよい。

2タンク(1MTとOTを行うWlkが1名、同グループにPalが
いると好ましい)
7ヒーラー(各グループに1、また2-3名はMTおよび
Wlk+petを主にケアする)
16 DPS



<Buffs and Pots>

標準的なBuffとPotおよびflaskを使用。OTを担当する
WlkはSoul Linkスペックが必要で、またbuff無し時で
Fire resistance 250が求められる。スタミナも
出来る限り必要。同グループにshmかpalを組み込み、
Fire Reistance TotemやFire Resistance Auraで
補助するのが望ましい。

Limited Invulerability PotionはPhsse1のWhirlwind
(以下WW)時に有効である。POTを使用することで
Rendを取り除けるため、ヒーラーのmana負担及び
ヒールによるaggroの危険性を低下させられる。



<Abilities>

Health:約320万
Enrage:10分
Main Hand Melee:約3.5k
Off Hand Melee:約1.5k

Whirlwind
Humanoid Form時に使用。Shattered HallsのKargathの
ように、WWしながら部屋中を駆け回る。Hitした
プレイヤーに直接3kの物理dmgとRendと呼ばれる
dispel不可能なDoT(3秒毎に2.5k 物理 dmg)を
付与する。RendはDivine ShieldやBlessing of
Protection、 Limited Invulnerability Potion、
Ice Blockなどで解除可能。WWが終了して約20秒後
に次のWWが開始する。
各回のWW毎にthreatがリセットされることに注意する。
WWが終了するまでMT以外はアタックを行わないのが
無難である。RaidのDPSが十分高ければ、WW中に
DPSを停止させても問題ない。DPS不足を感じるようで
あれば、WWが終わる時期を除いてDPSを行わなければ
ならない。その際、WW終了時まで残るようなタイミングで
DoTを入れないよう注意すること。


Chaos Blast
Demon Form時に使用。ターゲットと8y以内の全プレイヤー
に100-200のFire dmg。
単発のdmgは些細なものだが、Blastは同時にFire dmgを
1.7k上昇させるdebuffを付する。このdebuffは限度無く
スタックすることに注意。BlastはCriticalしない。


Inner Demon
Demon Form時に使用。ランダムな数人にInner Demonを
召喚する。Demonは召喚の対象になったプレイヤーと
ほぼ同等のhealthを持っている。各demonは召喚された
本人のみが攻撃可能で、Leotherasがhumanoid formに
戻る前に倒せなかった場合、10分間MCを受けてしまう。
このMCは解除することが出来ない。Demonのhitは
mail装備に約1k dmgを与え、約2.5k dmgのshadow boltを
キャストする。MTはInner Demonの対象にならない。
自分に召喚されたdemonは通常通りに、一方他人のdemonは
薄暗く描画されるため区別することが可能。


<Strategy>

Phase 1





Humanoid Phase、約40秒間継続する。1回目のPhase1は
Leoをbanishしている3人のaddをkillした直後からスタート。
Addはランダムな対象に数秒間隔で3k dmgのMind Blastを
キャスト。このBlastは10-15y範囲のAoEを伴う。3人の
addそれぞれが1人のメンバーをbanishする(計3人)。
Banishはaddが倒れるまで続くが、それほど影響は
大きくない。

Addを全て倒すとLeoがhumanoid formにて動き出す。
MisdirectionをMTに使用すること。開始約15秒程で
一度threatをリセットし、WWを開始する(約10秒間)。
攻撃を避けるため分散して逃げること。ヒーラーは
回復に伴うthreatを稼ぎすぎないように注意。MTは
Leoを追い回し、WW終了後すぐにキャッチするよう努める。
MTキャッチ後十分なaggroビルドが必要なため、数秒は
DPSを控えた方が無難である。2回目のWW途中でDemon
formに切り替わる。


Phase 2





Demon Phase、約60秒間継続。Leotharasはdemonに
姿を変え、位置が固定される。その位置からChaos
Blastsをキャスト。OT WlkがLeoを離れた位置で
タンクすることによりmeleeDPSはChaos Blastsの
影響を受けずにattackすることが可能。OT Wlkは
Searing Painを使用してaggroを取る必要がある。
できるならばMDも使用するとよい。2人のHunで
各demon phaseのMDローテーションを決めておくのが
重要。
OT Wlkの位置は、周囲15y以内にRaidメンバーがいない
状態であればどこであっても構わない。DPSはWlkが
Chaos Blastの対象になったことを確認してからattackを
開始すること。Demon phaseに入って15秒後、ランダムな
対象(約4-5人)にInner Demonを召喚する。
このdemonは、召喚された対象本人からの攻撃のみしか
受け付けないことに注意。Leotharasがhumanoid form
に戻るまでにこのdemonを倒せなかったプレイヤーは
10分間MCを受ける。MCされたプレイヤーは速やかに
処理するのが望ましい。

Leotharasはhealthが15%になるまで、Phase1と2を交互に
繰り返す。


Phase 3
Bossのhealthが15%になると、demonoid formが
humanoid formから分裂し、同時に存在するようになる。
Demon formはPhase2と同様にOT wlkが担当し、15y以内
には近づかないこと。Phase2との最大の違いは、
Inner Demonを召喚しなくなることである。
Humanoid formはPhase1と同様にMTが保持する。
残り時間/生存者が少ない場合はWWの影響を考えず、
full nukeする必要がある。Humanoid formさえ倒せば
demon formは消え去るので、とにかくDPSをhumanoid
formに集中させるとよい。


<Class Assignments>

Main Tank
図に示したような部屋の中央付近でBossをタンクする。
WW終了後は出来る限り迅速にBossをキャッチし、指定の
位置に誘導すること。

Warlock Offtank
Resistanceを得るためにFelhunterを出しておく(自身から
15y以上遠くにstayさせておくこと)。Boss戦の開幕で
Curse of DoomをBossにかけておくとPhase2時にaggroを
得やすい。Phase2開始後はSearing Painを使用し続け、
aggroをkeepすること。Phase3でも同様にdemon formの
aggroをkeepし、humanoid formが倒れるまで耐えるのみ
である。

Melee DPS
後方からBossにDPSを行い、WW開始後は散開しながら
逃げる。WWを受けてしまってもhealing potなどは
使用しないこと。WW終了後数秒間はタンクがaggroを
ビルドしなければならないため、DPSを控える方がよい。
Phase2では、demon formにDPSを継続し、Inner Demonが
出た際には速やかに処理を行うこと。Phase3では全ての
CDスキルを使用してhumanoid formの撃破にあたる。

Ranged DPS
部屋全体を利用して円上に散開し、BossにDPSを行う。
Meleeと同様、WWを受けてもhealing potなどは使用
しないこと。

Healers
Raid全体を見回しつつ、近くのプレイヤーをケア
すること。WWの間はPalもしくはDruのみが主にヒールを
担当すべきで、PriはRenew と Fadeを使用すること。
MT担当のヒーラーはPhase1ではMTを、Phase2では
OT Wlkをケアする。


<Miscellaneous Notes>

Phase2序盤において、OT Wlk がaggroするまでに
Chaos Blastを他プレイヤーがくらってしまうのを
避けられないことがある。Wlkのミスではないことに注意。
SSはOT wlkに入れておくのが無難である。



取り急ぎ適当に翻訳しました。

以上を踏まえて以下の動画をご覧ください。


1:画質は低いですが解説入りのMovie
(解説文字が出た時に一時停止すると読み易いです)




以下は、Resto DruidがどうやってInner demonを倒すか
という観点に特化したムービー。(自分用)






スポンサーサイト
Raid進展

今週は忙しくて、blogの更新ができませんでした。
一方、合同Raidの方は順調に進んでおります…

SSCも Leotheras the Blind をKillでき、残るは
Lady Vashj だけとなりました。
聞いた話ではかなり大変とのことですが、楽しみ
です。

来週はSSC関連の記事を少しアップしていこうと思います。





TBC インスタンス - Hellfire Ramparts -


TBC インスタンス - Hellfire Ramparts -


(Wow.wikiによる記事を適当に翻訳)






<Introduction>

Hellfire Ramparts(通称Ramp)は、Hellfire Peninsulaの
Hellfire CitadelにあるインスタンスのFirst wingである。
CitadelはMAP中央付近に位置し、入り口は紛争が勃発する
以前よりZoneを分断している「broken-up wall」の
中間部に存在する。
RampはBurning Crusadeの世界を訪れたプレイヤーが最初に
攻略可能なインスタンスである(dungeon set itemsを
装備しているプレイヤーであればすぐさまクリア可能な
レベル)。
RampではazerothのRaidコンテンツであるMCで得られる
gearと同程度の優秀なアイテムがDropする。

インスタンスは3回のBossエンカウント(Boss自体は4体)
で構成される。1 st BossであるWatchkeeper Gargolmarの後、
分かれ道を右に進むとOmor the Unscarredに、左に進むと
Vazruden and Nazanと対峙することとなる。どちらから
先に挑戦するかは自由だが、Omorの方が難易度は低い。

RampのHeroicモードは、Thrallmarのreputationがrevered
になった時点で挑戦することが出来る。実際にはFactionの
quartermasterからkeyを購入することで入場が可能。



<Reputation>

このインスタンスでMobを倒すと、Thrallmarのreputationが
増加する。通常のOrcで5rep、wolfで2-3rep、Boss1体につき
50repを得ることが出来る。Vazruden と Nazanはぞれぞれ
50repとして計算される。ただし、Bossを含めてreputationが
増加するのはhonoredまでである。



<Boss>

1.Watchkeeper Gargolmar





<Abilities>

Charge
最も遠いプレイヤーに約900のdmgとノックバックの効果。

Mortal Wound
ヒール効果を5%低下させるDebuffで、dispel不可能。
最大10個までスタックする。主にMTに使用。

<Strategy>

周囲にパトロールMobが配置されているため、開始前に
掃除しておくこと。Addに対してはあらゆるCCが有効かつ
Kill orderも特に求められず、自由度が高い。
考慮すべきは、WatcherのキャストするヒールとBossの
チャージ程度である。GrpにPriがいるならWatcherをMC
するのがよい。MC後のヒールに期待するよりも、遠くに
配置してチャージの対象にさせておくのが効果的である
(cool downが20secと長いため)。


2.Omor the Unscarred




<Abilities>

Felhounds
戦闘中にFelhounds(約2kのhealth)を召喚する。最も近い
プレイヤーにlifedrainをキャストし、Boss本体を回復させる。
Enslaveやbanishが可能であるため、wlkがいる場合には
活用すると良い。

Spell reflect
Healthが20%になった時点で断続的に全てのSpellを反射するようになる。

Shadow Whip
Meleeレンジでthreatの低いプレイヤーを対象とし、
短時間空中にはじき飛ばす。この間は行動不能となり、
さらに落下時にダメージを受ける。

Treacherous Aura/Bane of Treachery
ランダムな対象に断続的なAoE dmg curse/debuffを与える。
190dmg/secが12秒間継続。周囲のプレイヤーにダメージが
影響するため注意が必要。

Shadowbolt
Meleeレンジより外側のプレイヤーを対象にキャストされる。


<Strategy>

Treacherous Auraは出来る限りdispelすべきだが、
構成的に不可能であればdmgを避けるため、各人が
間隔をとるのが望ましい。MeleeDPSが多い場合、
curseを受けたプレイヤーは速やかに離れるべきである。
Fehoundはwlkが速やかにenslaveもしくはbanishする。
EnslaveしたfehoundをBossにぶつけることでDPSが
向上する。Wlkがいない場合、召喚後速やかにFehoundを
処理すること。以上の点とSpell反射に気をつけてDPSを行う。



3.Vazruden and Nazan




<Abilities>

Fireball
飛行している際にキャストされる。

Liquid Flame
着地後にキャストされる前方コーン型範囲のAoE。
いわゆるファイヤーブレス。


<Strategy>

Vazruden and NazanはHellfire Rampartsのラストボス的
な存在。2つのphase(形式)で構成され、Phase1はMolten
CoreのMagmadarに、Phase2はOnyxiaとの戦闘に似ている。
ボス手前のガード2人を倒すとVazrudenとの戦闘が開始する。
Vazrudenのhealthがかなり減少したところでPhase2が
開始し、Nazanとの戦闘が始まる。

ボスの倒し方は大きく2通り存在する。

A)  Vazrudenをタンクして倒し、続いてFullhealthの
Nazanを倒す方法。

B)  飛行中のNazanにDPSを行い、VazrudenをOfftank
する方法。

Bに関しての詳細
NazanはVazrudenのhealthが40-50%になる、もしくは
Nazan自身のhealthが20%になったときに着地する。
Nazanは空中を巡回しランダムターゲットにfireballを
キャストするため、petやsnaketrapが的をそらすのに
役立つ。空中であってもMelee攻撃を行うことができる
場所が3箇所ほど存在するが、そこはBoss自身もこちらに
Meleeを行えるということを考慮すること。また、Nazanの
着地時にはthreatがリセットされることにも注意。

Nazanのタンク時にはBossを挟んで反対側にMT以外の
メンバー全員が位置することでブレスを回避できる。
最も有効なのはタンクがBossを中央に固定し、ゆっくりと
ローテーションさせることでDoTを回避する方法である。
とにかくBossの背面を取るようにDPSを行うこと。


<Different points at Heroic mode>

1. Trash mobsの変更

大半のMobはclothクラスに3-5kのmelee dmgを与える。
RangedとSpell dmgは1-5k程度である。Non-casterタイプの
Mobは殆どがMC-immuneである。以下にMC可能なMobを示す。

Bleeding Hollow Darkcaster
Bleeding Hollow Scryer
Bonechewer Ravener


2. Bossの変更


Watchkeeper Gargolmar

概ね変化無し。Addに対してはfreezing trapとfearが
可能であり、攻撃力もそれほど高くない。Addのmeleeは
clothに対しても約600程度であるため、petタンクが
可能である。Bossのチャージはclothに対し約900程度。
最大の変更点は、ヒールが10%低下するdebuffをMTに
対して使用すること。このdebuffはスタック(累積)
していくため、DPSが低いとMTへのヒールが間に合わず、
ダウンしてしまうことに注意する。


Omor the Unscarred

Heroicで難易度が大幅に上昇する。200以上のshadow
resistがあれば大概の攻撃を減弱可能。Aura debuffが
強化され、被dmgが10倍になる。影響を受けたプレイヤーは
数秒の内に倒される可能性があるため、適切な位置取り
(他プレイヤーとの距離)が重要である。このDebuffは
dispel不可能であるが、RogのCloak of Shadowsは有効。
召喚するFiendish Houndsはより強力になり、clothに
3k dmgと追加で3kのmana burnを与える。ノーマルモードと
同様にenslaveやbanish、fearが可能。Enslave時には
Bossに対し約1k dmgを与える。
OmorはBadge of Justiceと同様にPrimal NetherをDropする。


Vazruden and Nazan

基本戦術はノーマルと同様であるが、難易度は
上がっている(飛行中にNazanを削る作戦は通用しない)。
戦闘開始直後から、NazanはFire ballをキャスト
してくる。約2-3k dmgに加え、その場にいるとtickが
付き4.5kのdmg。そのため、hitしたらすぐにその場から
移動しなければならない。また、Vazruden はMelee範囲を
対象にFearを使用し、Meleeレンジ外もしくはfearを逃れた
プレイヤーにチャージを行う。Clothに対して1-2shotの
威力があるのでtrinket、 fear ward、 tremor totem、
stanceなど何らかの対策が必要である。一方、Nazanは
パーティー全体にfearを使用してくる(Bellowing Roar)。
Nazanが降下する前にDoTやrangedで攻撃を行うと、
空中であってもfearをしてくるため、注意が必要である。
このBossからはBadge of JusticeがDropしない。





毎週Raid進展有り

2007/08/2-4 Tan Do Li Ga さんとの合同Raid。

最近の定番コースは以下の通り。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木曜日:Gruul's Lair → Magtheridon → Void Reaver
金曜日:SSC Hydross → Lurker → Tidewalker
土曜日:新規BossチャレンジDay Fathom-Lord → Leotheras

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


1日あたり約2時間半のトライアルになっています。
こうして書き出してみると、結構なハイペースで進行して
いる気が…
一度倒したBossは翌週から随分と楽にKillできる
ようになっているとはいえ、今後はどうなることやら。
GruulもまだT4 Legが取れていないので通いたいところ…


今週は、Fathom-Lordのヒール位置取りが重要!というのを
理解できてよかったかなあと思います。
自分はMTヒール担当なのですが、Spitfire totemからのdmgを
避けるため、中央にラインがあると想定し南北に移動する
のがポイントでした。
MTがこのトーテムのdmgを受けても差し支えないのでは?
という話しもでていたので、次週からはMT位置固定で
いくかもしれません。
それだと、開幕からShamanタンクやその他メンバーにもヒールを
かけやすいのでもう少し死人が減るかも、と期待してみたり…

その後に挑んだLeotherasでは、Demon phaseに出てくる
Inner demonという思わぬ強敵に四苦八苦。
メンバー5、6人に対し召喚されるこのdemonは、対象となった
本人からのダメージしか受け付けず、約20秒以内に倒すことが
できなければ10分もの間MCされてしまう凶悪なability。

これを撃破できないメンバーが意外にも続出!w
来週はDPS出るギアを持ってこよう、ということで
Killはおあずけでしたがとても楽しいBossでした。

SSCも残り2Bossということで、みんな気合いが入って
おりますが来週はお盆近辺ということもあり、開催は
微妙かな?
25manが無理なようであれば、ギルドでKarazhanでも
行ってみたいなあなどと思うのでした。

画像もなく、簡素な記事になってしまった…
ご了承ください。

来週からRaidに限らず、Outlandのインスタンス攻略記事
(heroic含む)などをアップデートしていく予定です。




WoW 新拡張パック関連情報?

最近めっきり更新が途絶えている当Blog。
来週からは気合いを入れたいと思っております…


さてさて、今日は次期拡張パックの話題。
worldofraidsに関連の記事が掲載されていたので
抜粋して紹介します。

元々は「WoWszene.de」というサイトにリークされた
とされる情報らしいので、真偽の程は定かではないの
ですが、気になる情報が満載。

拡張パックの仮名は 「Wrath of the Lich King」
以下に主な特徴を箇条書きしてみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1: 「Northrend」というエリアが追加
2: レベルキャップが80に引き上げ
3: Hero class として「Death Knight」が追加
4: 新プロフェッション「 Inscription」の追加
5: Utgarde Keepを含む新インスタンスの追加

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


新クラスはいきなり高レベルスタートだそうです。
他にも細かい点がいくつか記載されていましたが、
Raidが始まってしまいそうなのでまた後日紹介
したいと思います。


しかし、手抜きすぎるな…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。