Warld of warcraftの初心者Guildである「Sita」では、初心者さんからRaidを楽しみたい方まで幅広く募集中。ブログにコメント頂くか、ゲーム中「kokoinko」までwisperしてくだされば対応いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Gruul's Lair 2nd BOSS -Gruul the Dragonkiller-


Gruul's Lair 2nd BOSS -Gruul the Dragonkiller-


(www.bosskillers.com、Ramaladniさんによる記事を適当に翻訳)





<Introduction>

Gruul the DragonkillerはGruul's Lairにおける2番目の
エンカウンターであり、TBCにおける25man Raidの導入的
位置付けとなっている。入場に必要な最低レベルは65で
あるが、70以上かつある程度のギアが揃っていることが
望ましい。

Gruulとの戦いは基本的にDPSレースである。Naxxramasに
おけるLoathebの様に時間経過と共にBossが強化され、
攻略が困難となる。DPSやタンクのギア不足を感じた場合は、
Flasks of Supreme Power / Relentless Assault,
sharpening stones, mana and wizard oils, Fire,
Shadow, Frost and Greater Arcane Power Elixirsなどを
用いると効果的である。



<Group Composition>

Gruulは2タンクが望ましい。それ以外のプレイヤーは
最小限のヒールで済むよう心がけねばならない。
ヒーラー数は標準7で、DPSが不足していた場合には6でも可能。
理想的にはmelee DPSは3-4人にとどめるのが良い。



<Abilities>

Gruulは2種類のmelee攻撃を備えている。その1つは
Threat1番目のプレイヤー(MT)への通常攻撃で、
もう1つはHurtful Strikeと呼ばれ、meleeレンジに
いるthreat2番目のプレイヤーを攻撃するものである
(12-13k dmg で約20sec毎)。
従って、MeleeDPSはthreatリストの3番以下に位置する
必要がある。


Growth
GruulはGrowthと呼ばれる self-buffを使用する。
戦闘開始から30sec毎にキャストされ、その度に与ダメージが
15%ずつ上昇する(Meleeに限らない)。最大30までstack(累積)
するが、20以上からはもはやヒール困難であるため、
16-17stackまでにKillするのが望ましい。


Cave In
ランダムターゲットの頭上に2.7k dmg/3secの落石
(約8yのAoE効果)を15secの間引き起こす。
Growthによってダメージが大幅に増加していくため、
ターゲットされたプレイヤー及びその周囲にいる者は
直ちに待避すること(後述のGround Slamに備え、
散会する様に逃げるのが望ましい)。


Ground Slam / Gronn Lord's Grasp / Stoned / Shatter
Ground SlamはRaidメンバー全員をランダムな方向・距離に
吹き飛ばす。着地後間もなくGronn Lord's Graspと呼ばれる
debuffを受け、毎秒20%ずつ移動速度が低下する。
5秒後に移動不可となり、石化状態になる。ここでGruulは
Shatterをキャスト。これはプレイヤー間の距離により
ダメージが変動する特殊な効果をもつ。2人が同じ位置にいる
場合約9kダメージで、プレイヤー間の距離に反比例して
ダメージが減少する(15y離れていると70-100にまで減少)。
そのため、Raidメンバーは移動が不可になる前に他プレイヤー
と最大距離をとるように移動すること。


Reverberation
AoEサイレンスでspellキャストが4sec妨げられる。
レジスト可能。


<Buffs>

Gruulの攻撃は大半が物理ダメージであるため、
Amplify Magicを使用するのが良い。また、Devotion Auraを
タンクにかける。DPS増強のため、melee用にWindfury Totemを
設置するのも効果的である。


<The Pull>

GruulがActiveになると門が閉まるため、メンバー全員が
部屋に入ること。MTが中央やや北東よりにGruulをキープし、
他のメンバーは所定の位置に散会するのが望ましい。
MT及びOTのthreatが充分にbuildできたのを確認して
DPSを開始する。


位置取りは以下の図を参照。





<Fight Progression>

DPSが充分にあるRaidでは、とにかくCave In とGround Slam後の
Shatterに注意すること。どちらも的確な判断によりダメージを
最小にすることができる。また、MTはShatter後すぐさま
Gruulの元に戻る必要がある。これらを上手く実行できている
にも拘わらずKILLできない場合は、単純にDPS不足であると
考えられる。


取り急ぎ適当に翻訳しました。

以上を踏まえて以下の動画をご覧ください。


1:画質は低いですが解説入りのMovie
(解説文字が出た時に一時停止すると読み易いです)







スポンサーサイト
Gruul's Lair 1st BOSS -High King Maulgar-


Gruul's Lair 1st BOSS -High King Maulgar-

ルートテーブルは以下。
http://www.wowhead.com/?npc=18831

(www.bosskillers.com、Xylenさんによる記事を適当に翻訳)





<Overview and Preparation(概要)>

High King Maulgarと4人のaddを同時に相手にすることになり、
それぞれのキープ位置及びabilityの把握が重要である。
通常のの25manと同様の構成。3Warと8-9のヒーラーが
望ましい。
MaulgarをタンクするグループにはImp付きのWlkが必須である。
SPriがいると更に安定する。できるならばKigglerとKroshの
グループにも同様のWlkがいると良い。
ヒーラーに負担がかかるボス戦であるため、
Blessing of WisdomとMana regeneration totemsによる
regenのスタックが必要である。
ShmはレンジDPSの強化トーテムを設置すること。
また、Maulgar をタンクしているWarへのGrace of Air totemも
有効である。(5-7%のdodge率上昇)



<High King Maulgar and his 4 Adds>


High King Maulgar (warrior)

Plate geared classに5-6k,8-11k crushingダメージを与える。
Arcing Smashと呼ばれるcleaveを行い、前方向に8-12kダメージ。
WhirlWind(以下、WWと略)を行い、近接する全てのプレイヤーに
7k(on plate)ダメージを与えるため彼を他のRaidメンバーから
離れた位置でキープすること。
WWを回避し、終了直後からmelee攻撃を開始するのが安全策
ではあるが、レンジを保った攻撃がbestである。ただし、
Boss Mod等を導入してありWWのタイミングが把握可能であれば
前者でも構わない。Healthが50%を切った段階でEnrage状態
となり(外観が赤くなりハンマーが消える)、同時に2つの
abilityを獲得する。

① AoE fear
40-50sec毎にキャストされる。タンクはFear Wardedするか、
Tremor Totemsを設置しておく必要がある。それほど広い
範囲ではないためレンジDPS及びヒーラーはこの影響を
受けない位置取りを心がけること。

② Charge
Fearを受けていないメンバーにチャージを仕掛ける。
その後、タンクは元の位置に引き戻す必要がある。もし
余裕があるならば、OTがその役割を担うのが良い。



Krosh Firehand (mage)

Blastwave を10-15sec毎にキャストし、10y以内のプレイヤーに
6-7kのFire damageを与える。4secキャストのFireballで
8-9kのdamage。Fire Ward Shieldというself buffを行い、
fire damageを軽減してくるが、MageのSpellstealが有効である。
これによりKroshからのFire damageを軽減することが可能。
したがってmageがタンクを行うことになるが、Healthが
10kを超えていることが条件となる。Fireballは
Fire resistanceを通過してしまうため、Fire Protection POTと
gearによるブーストの併用が求められる。


Olm the Summoner (warlock)

1-2min毎にFelhunterをsummonする。Banishで無力化もしくは
Enslaveしタンクとして利用するのが望ましい。
Deathcoil Single fearをタンクにキャストし2kダメージを
与えると同時に自身を4k回復する。Dark Decayと呼ばれる
500damage/tickのDoTをキャスト。これはsummonするFelhunter
の能力でdispellすることが可能。ランダムターゲットと
思われる。Shadow Protectionによりdamageを軽減するのも良い。
1WarとFelhoundsでタンクを行う。ヒーラーはFelhoundを
殺さないようにキープすること。


Blindeye the Seer (priest)

時折Shieldが現れて、詠唱の妨害が不可能になる。
この発生と同時に4secキャストのAoEヒールを行い、他の
addsのHealthを40%回復しようとする。DPSは最優先でこの
shieldを破壊すること。Shieldを破壊した状態であれば
Curse of Tongues, Mind-numbing, Wound Poison, Stun等で
AoEヒールの妨害が可能となる。1Warでタンクする。
Put Amplify Magicをかけておくと良い。


Kiggler the Crazed (shaman)

高頻度でsheepsを行う。最も高いthreatリストのプレイヤーを
ターゲットにLightning Boltをキャストし800-1500のdamage。
10y範囲のAoEノックバックを行い同時に2.5k damageを受ける。
Poly耐性のあるDruタンクを行うか、2Hunでキープするかの
2択になる(1人のHunがpolyされた際、もう1人がタンクを
交代する形式)。Aspect of Natureが有効。


<Kill Order>

Blindeye the Seer (priest) →
Olm the Summoner (warlock) →
Krosh Firehand (mage)    →
Kiggler the Crazed (shaman) →
High King Maulgar (warrior)


位置取りは以下の図を参照。








<Strategy>

MageがFirehandによりpullを行う。直後にmeleeレンジへ走り、
その後元に戻る。これによりBlastwaveの詠唱を誘発し、
その場にKroshをキープすることが可能。

HunはMisdirectでHigh King Maulgarを引き、部屋の右端
(MT位置)に持って行く。MTはここに固定し動かないこと。

The Seer (priest)は部屋の左端でキープを行う。
上記と同様にmisdirectで引き、Warに渡す。Rogueはヒールの
妨害を優先すること。

全てのDPSは開幕Seer(priest)を倒しにかかる。Shieldを
確実に壊し、AoEヒールを妨害すること。
Seerを倒した後、手の空いたヒーラーはMaulgar か Summonerの
ヘルプに向かう。

ある意味pullとキープ位置の固定が最も困難である。


取り急ぎ適当に翻訳しました。

以上を踏まえて以下の動画をご覧ください。


1:画質は低いですが解説入りのMovie
(解説文字が出た時に一時停止すると読み易いです)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。