Warld of warcraftの初心者Guildである「Sita」では、初心者さんからRaidを楽しみたい方まで幅広く募集中。ブログにコメント頂くか、ゲーム中「kokoinko」までwisperしてくだされば対応いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SSC 臨時メニュー


SSCボス攻略情報 臨時メニュー



Boss 5 : Leotheras the Blind
Boss 6 : Lady Vashj




スポンサーサイト
SSC 6th BOSS -Lady Vashj-


SSC 6th BOSS -Lady Vashj-

ルートテーブルは以下。
http://www.wowhead.com/?npc=21212

(www.bosskillers.com、Fergieさんによる記事を適当に翻訳)






<Raid Setup>

2タンク、8ヒーラー、15DPS(melee 4、ranged 10、kiter 1)
KiterはAff Wlk / Frost Mage / Hunterのいずれかが
適している。


<Boss Abilities>

Health : 約450万
Melle Hit : plate装備に一撃約3k


Shock Burst
Phsae1及び3でthreat上位者を対象にキャスト
(ランダムタイミング)。
8.3-9.7kのNature属性DDダメージと5秒間の
スタンを付与。このスタンの間、Vashjは
ターゲットを攻撃せず、threatリストの
次点者へと攻撃を移行させる。


Static Charge
Phsae1及び3でランダムメンバーにキャスト
されるDebuff。毎秒2.8-3.2kのNatureダメージを
30秒間に渡って与える。更にDebuff付きプレイヤーの
5y以内にいる全員にこの効果が及ぶため、注意が必要。
Cloak of Shadowsや Iceblock、 Divine Shieldなどで
解除可能だが、Cleanse 及び Dispel Magicでは
取り除くことが出来ない。


Entangle
Phsae1及び3においてキャストされ、vashjを中心に
15y範囲の全員にEntangling Rootが入る。10秒間の
移動不能と500dmg/2secのDoTが付与される。Magic
ではないためdispell不可であるが、Cloak of Shadows か
Blessing of Freedomで解除可能。


Multishot
Phsae1及び3でEntangle後またはMelee範囲に誰も
存在しない時に使用。ターゲットは1人だが、
周囲4人にも効果が及び6.4-7.5kの物理dmgを与える。


Shoot
Phsae1及び3で上記Multishotと発動条件は同一。
ターゲットに4-5.5kの物理dmg。


Forked Lightning
Phase2で定期的にキャストされるbolts of lightningで、
ターゲットはランダム。Vashjがキャストに向いた方向
約60度のコーン型範囲内にいるプレイヤー全員に
2.3-2.6kのNatureダメージを与える。


Toxic Spores
Phase3において登場するSpore Batが使用。地面に
汚い緑色のゾーンを形成し、ゾーン上に位置する
プレイヤーに毎秒2.8-3.2kのNatureダメージを与える。




<Strategy>

Phase 1





全員がまとまった位置から開始するのが基本パターン
であるが、あらかじめ担当エリアに移動していても良い。

MTが突入し、aggorを取る。このpull中にもかなりの
ダメージを伴うため、ヒーラーはpre-cast(ダメージを
受ける前からのキャスト)を心がけること。MTがvashjを
位置固定している間に、各人はPhase1の担当配置に移動し、
頃合いを見てDPSを開始する。

開始後間もなくランダムターゲットにStatic Chargeを
キャスト。対象者がOuter ring位置(Bossを固定している
ゾーンの外周)にいた場合、数ヤード後ろに下がる必要が
ある。Boss mod等を導入していれば対象者の頭上にskull
マークが自動的に付くので位置確認がしやすい。対象者は
近くのヒーラーからヒールをもらわなければならない。
ただし、この際ヒーラーに近接しすぎると範囲ダメージを
与えてしまうので注意。

Static ChargeがMeleeDPSにキャストされた場合、対象者は
Debuff効果が終わるまでinner ring内の空きスペース
もしくはouter ringまで移動し待機するとよい。

MTがStatic Chargeの対象になった場合、MTは中央に移動し
MeleeはDebuffが消えるまで距離をとること。もしくはOTが
vashjにタウントを行ってaggroし、vashjをinner ringの
空きスペースかouter ringでタンクキープする方法もある。

MTがShock Blastのターゲットになった場合、aggroがOT
(threat2番目のプレイヤー)に移行するため、MTの
スタン中vashjキープを引き受ける必要がある。

Vashjは戦闘中、幾度かEntangleをキャストしてくる。
キャスト後、vashjはinner ringの端に移動し、Multishot
と Shootを使用するようになる。PalはMTにBlessing
of Freedomをキャストすることでrootを解除できる。
これによりMTは移動可能になるため、スムースにvashjを
キャッチすることが可能となる。Blessing of Freedomが
コンスタントにMTにかかるようraid内のPalで
ローテーションを組むのが最善であるが、1人のPalが
担当してもそれほど影響はない。

Phase1はvashjのHealthが70%になるまで継続する。
このphaseでの目標は、死者を1人も出さないことである。
もし誰かが死亡し、battle rezが使用できない状態であれば
wipeしてしきり直すべきである。


Phase 2








VashjのHealthが70%になった時点でこのphaseに移行する。
東西南北それぞれの外周階段エリアに2DPSと1Healerを
配置するのが標準的。MT及びOT、そして外周に配置
されなかったメンバーは中央に待機し、Coilfang Elitesや
Coilfang Striderの対処に当たる。

Phase2の開始に伴い、外周にEnchanted Elementalが現れ、
中央へとゆっくりと移動を始める。7.6kのHealthなので、
2DPSと1Healerで通常は対処が可能。処理が間に合わす、
vashjの位置までelementalが到達してしまうとPhase3に
おけるダメージ量が5%ずつ上昇する。1人もしくは2人が
このPhaseで死んでしまい、battle rezも不可能なようで
あれば、Mob処理の関係上Raid全体に大きな負担をかける
ことになりwipeの可能性が一気に高まる。

Vashjは定期的にForked Lightningをキャストする。60度
コーン型範囲内プレイヤー全員にダメージを与えるが、
単純にヒールを行うだけで対処が可能なため、あわてない
こと。

Phase2では、約45秒毎にCoilfang Eliteが現れる。
これはelite Nagaで17万のHealthを持ち、plateクラスに
約5kの通常ダメージと7.5kのcleaveダメージを与える。
Coilfang Eliteの出現を視認したプレイヤーはchatもしくは
VCですぐさまそれを伝え、タンクは速やかにキャッチし
inner circleへと誘導すること。inner circle内のDPSは
タンクがaggroを形成したのを確認後、DPSを行い出来る
限り早くこのmobの処理に努める。45秒後には部屋の
どこかに新たなCoilfang Eliteが出現する。

また、約60-70秒毎にCoilfang Striderが出現する。
17万のHealthを持ち、plateクラスに約8kの通常ダメージを
与える。その他、3k shadow dmgのMind Blastと8yレンジに
2-3秒間隔でfearを発生させるPsychic Scream Auraを
持っている。Fearを受けると5秒間移動速度150%で辺りを
走り回ることになる。

Fearオーラがあるため、Meleeレンジクラスでのタンクは
不可能である。したがってRaid内で最も腕の立つ Aff Wlk
/ Frost Mage / Hunter のいずれか1人がkiteを試みる
ことになる。

中央でCoilfang Eliteの処理が行われているため、
outer ring沿いにkiteする必要がある。Kiterがspell
もしくはattackをhitさせてから2-3秒後、近くに来る
ことが出来るwlkとPriestはStriderにDoTを入れる。
DoTを入れた後は、kiter以外各自の役割に速やかに
戻ること。各外周階段部のヒールを担当しているPriは
Striderの出現と同時に移動せずに、kiterと共に移動
してくるのを待ってDoTを入れると良い。ShmはFlame
Shockを、HunはSerepnt Stingを使用する。DoTが入れられた
後、circlrを回るようにkiteを行う。DoTでStriderの
healthを70-80%まで減らせているのが理想的である。

StriderはSlow、 Frostbolt、 Curse of Exhaustion、
Hammer of Justiceといったsnareが有効である。Mageは
終始Frostboltによる鈍足効果を維持するべきである。

約50秒毎に通常のelementalの代わりにTainted Elementalが
出現する。7.9kのHealthを持ち、移動は行わない。
エリア内のランダムターゲット1人にPoison Boltを
キャストし3kのDDと2k/tickのDoTを与えるが、ヒールを
通常通り行えば問題ない。Tainted Elementalが出現
したら最優先でこれを倒すこと。10-15秒以内に
倒せなかった場合、姿を消し、別のエリアもしくは
同じ場所に再び現れるが10-15秒ロスタイムすることになる。
2度以上Tainted Elementalを消失させてしまうとPhase3
への移行が遅れてしまいwipeの可能性が濃厚になるので
注意が必要。

Tainted Elementalを倒した後、傍にいるプレイヤーが
lootを行いTainted Coreを拾うこと。緑色のボールがbagに
入り、それを持っている間は移動が不可能になる。
所持者は40-60y範囲にいる誰かにそれを投げることができる。
Coreを用いてvashjを拘束しているgeneratorを解除するため、
中央に向かってボールを集めることになる。通常、lootした
DPSが階段の端に位置しているヒーラーに一度ボールをpass
し、続いてShield Generator横に待機する役目の
プレイヤーに速やかにpassすることでスムースに解除が
可能である。

DPS -> Healer -> Shield Generator 担当

VCを利用してcoreの位置をアナウンスするとスムーズに
解除がすすむ。4箇所のgeneratorを解除したところで
Phase2が終了し、vashjのhealthは50%になっている
(generatorの解除1つにつきvashjのhealthが5%削られる
ため)。


Phase 3

Phaseの開始時、通常は1体のElite Nagaと1体のStriderが
中央に残されているはずである。これらは出来るだけ
速やかに処理すること。MTはvashjが解放されてすぐに
キャッチに向かい、Phase1と同様にキープする。

Phase3の展開はほぼPhase1と同様であるが、Spore Batと
呼ばれるmobが出現する点で大きく異なる。

Spore Batはentrance上空を飛んでおり、platformを
周回するようになる。ランダムターゲットにToxic Sporeを
キャストし、地面に範囲ダメージゾーンを形成する。
毎秒1.5kダメージのゾーンであるが、形成後ダメージが
発生するまで2秒の猶予があるため避けるのは比較的容易。
インスタンス内のどこにいてもsporeのターゲットに
なるため、逃げても無駄である。

Spore Batはenrage timerを持つ。Phase3開始当初、
1匹ずつとてもゆっくりとした間隔で出現するが、
時間経過と共に出現頻度が上がり、5分も経過すると
地面に形成されるToxic Sporeは総面積の50-60%に
まで及ぶ。ただし、オープンスペースを利用して
上手くメンバーが立ち回ることが出来ればこの
enrage状態でもvashjをkillすることが可能である。



取り急ぎ適当に翻訳しました。

以上を踏まえて以下の動画をご覧ください。


1:大変参考になるMovie
(解説文字が出た時に一時停止すると読み易いです)




ダブルクリックで拡大





SSC 5th BOSS -Leotheras the Blind-


SSC 5th BOSS -Leotheras the Blind-

ルートテーブルは以下。
http://www.wowhead.com/?npc=21215

(www.bosskillers.com、Fergieさんによる記事を適当に翻訳)







<Group Composition>

他のBossに比べ、それほど厳密なclass制限はない。
必要に応じて入れ替え、ギルドに合った構成を試みて
みるとよい。

2タンク(1MTとOTを行うWlkが1名、同グループにPalが
いると好ましい)
7ヒーラー(各グループに1、また2-3名はMTおよび
Wlk+petを主にケアする)
16 DPS



<Buffs and Pots>

標準的なBuffとPotおよびflaskを使用。OTを担当する
WlkはSoul Linkスペックが必要で、またbuff無し時で
Fire resistance 250が求められる。スタミナも
出来る限り必要。同グループにshmかpalを組み込み、
Fire Reistance TotemやFire Resistance Auraで
補助するのが望ましい。

Limited Invulerability PotionはPhsse1のWhirlwind
(以下WW)時に有効である。POTを使用することで
Rendを取り除けるため、ヒーラーのmana負担及び
ヒールによるaggroの危険性を低下させられる。



<Abilities>

Health:約320万
Enrage:10分
Main Hand Melee:約3.5k
Off Hand Melee:約1.5k

Whirlwind
Humanoid Form時に使用。Shattered HallsのKargathの
ように、WWしながら部屋中を駆け回る。Hitした
プレイヤーに直接3kの物理dmgとRendと呼ばれる
dispel不可能なDoT(3秒毎に2.5k 物理 dmg)を
付与する。RendはDivine ShieldやBlessing of
Protection、 Limited Invulnerability Potion、
Ice Blockなどで解除可能。WWが終了して約20秒後
に次のWWが開始する。
各回のWW毎にthreatがリセットされることに注意する。
WWが終了するまでMT以外はアタックを行わないのが
無難である。RaidのDPSが十分高ければ、WW中に
DPSを停止させても問題ない。DPS不足を感じるようで
あれば、WWが終わる時期を除いてDPSを行わなければ
ならない。その際、WW終了時まで残るようなタイミングで
DoTを入れないよう注意すること。


Chaos Blast
Demon Form時に使用。ターゲットと8y以内の全プレイヤー
に100-200のFire dmg。
単発のdmgは些細なものだが、Blastは同時にFire dmgを
1.7k上昇させるdebuffを付する。このdebuffは限度無く
スタックすることに注意。BlastはCriticalしない。


Inner Demon
Demon Form時に使用。ランダムな数人にInner Demonを
召喚する。Demonは召喚の対象になったプレイヤーと
ほぼ同等のhealthを持っている。各demonは召喚された
本人のみが攻撃可能で、Leotherasがhumanoid formに
戻る前に倒せなかった場合、10分間MCを受けてしまう。
このMCは解除することが出来ない。Demonのhitは
mail装備に約1k dmgを与え、約2.5k dmgのshadow boltを
キャストする。MTはInner Demonの対象にならない。
自分に召喚されたdemonは通常通りに、一方他人のdemonは
薄暗く描画されるため区別することが可能。


<Strategy>

Phase 1





Humanoid Phase、約40秒間継続する。1回目のPhase1は
Leoをbanishしている3人のaddをkillした直後からスタート。
Addはランダムな対象に数秒間隔で3k dmgのMind Blastを
キャスト。このBlastは10-15y範囲のAoEを伴う。3人の
addそれぞれが1人のメンバーをbanishする(計3人)。
Banishはaddが倒れるまで続くが、それほど影響は
大きくない。

Addを全て倒すとLeoがhumanoid formにて動き出す。
MisdirectionをMTに使用すること。開始約15秒程で
一度threatをリセットし、WWを開始する(約10秒間)。
攻撃を避けるため分散して逃げること。ヒーラーは
回復に伴うthreatを稼ぎすぎないように注意。MTは
Leoを追い回し、WW終了後すぐにキャッチするよう努める。
MTキャッチ後十分なaggroビルドが必要なため、数秒は
DPSを控えた方が無難である。2回目のWW途中でDemon
formに切り替わる。


Phase 2





Demon Phase、約60秒間継続。Leotharasはdemonに
姿を変え、位置が固定される。その位置からChaos
Blastsをキャスト。OT WlkがLeoを離れた位置で
タンクすることによりmeleeDPSはChaos Blastsの
影響を受けずにattackすることが可能。OT Wlkは
Searing Painを使用してaggroを取る必要がある。
できるならばMDも使用するとよい。2人のHunで
各demon phaseのMDローテーションを決めておくのが
重要。
OT Wlkの位置は、周囲15y以内にRaidメンバーがいない
状態であればどこであっても構わない。DPSはWlkが
Chaos Blastの対象になったことを確認してからattackを
開始すること。Demon phaseに入って15秒後、ランダムな
対象(約4-5人)にInner Demonを召喚する。
このdemonは、召喚された対象本人からの攻撃のみしか
受け付けないことに注意。Leotharasがhumanoid form
に戻るまでにこのdemonを倒せなかったプレイヤーは
10分間MCを受ける。MCされたプレイヤーは速やかに
処理するのが望ましい。

Leotharasはhealthが15%になるまで、Phase1と2を交互に
繰り返す。


Phase 3
Bossのhealthが15%になると、demonoid formが
humanoid formから分裂し、同時に存在するようになる。
Demon formはPhase2と同様にOT wlkが担当し、15y以内
には近づかないこと。Phase2との最大の違いは、
Inner Demonを召喚しなくなることである。
Humanoid formはPhase1と同様にMTが保持する。
残り時間/生存者が少ない場合はWWの影響を考えず、
full nukeする必要がある。Humanoid formさえ倒せば
demon formは消え去るので、とにかくDPSをhumanoid
formに集中させるとよい。


<Class Assignments>

Main Tank
図に示したような部屋の中央付近でBossをタンクする。
WW終了後は出来る限り迅速にBossをキャッチし、指定の
位置に誘導すること。

Warlock Offtank
Resistanceを得るためにFelhunterを出しておく(自身から
15y以上遠くにstayさせておくこと)。Boss戦の開幕で
Curse of DoomをBossにかけておくとPhase2時にaggroを
得やすい。Phase2開始後はSearing Painを使用し続け、
aggroをkeepすること。Phase3でも同様にdemon formの
aggroをkeepし、humanoid formが倒れるまで耐えるのみ
である。

Melee DPS
後方からBossにDPSを行い、WW開始後は散開しながら
逃げる。WWを受けてしまってもhealing potなどは
使用しないこと。WW終了後数秒間はタンクがaggroを
ビルドしなければならないため、DPSを控える方がよい。
Phase2では、demon formにDPSを継続し、Inner Demonが
出た際には速やかに処理を行うこと。Phase3では全ての
CDスキルを使用してhumanoid formの撃破にあたる。

Ranged DPS
部屋全体を利用して円上に散開し、BossにDPSを行う。
Meleeと同様、WWを受けてもhealing potなどは使用
しないこと。

Healers
Raid全体を見回しつつ、近くのプレイヤーをケア
すること。WWの間はPalもしくはDruのみが主にヒールを
担当すべきで、PriはRenew と Fadeを使用すること。
MT担当のヒーラーはPhase1ではMTを、Phase2では
OT Wlkをケアする。


<Miscellaneous Notes>

Phase2序盤において、OT Wlk がaggroするまでに
Chaos Blastを他プレイヤーがくらってしまうのを
避けられないことがある。Wlkのミスではないことに注意。
SSはOT wlkに入れておくのが無難である。



取り急ぎ適当に翻訳しました。

以上を踏まえて以下の動画をご覧ください。


1:画質は低いですが解説入りのMovie
(解説文字が出た時に一時停止すると読み易いです)




以下は、Resto DruidがどうやってInner demonを倒すか
という観点に特化したムービー。(自分用)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。