Warld of warcraftの初心者Guildである「Sita」では、初心者さんからRaidを楽しみたい方まで幅広く募集中。ブログにコメント頂くか、ゲーム中「kokoinko」までwisperしてくだされば対応いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Eye 1st BOSS -Void Reaver-


The Eye 1st BOSS -Void Reaver-

ルートテーブルは以下。
http://www.wowhead.com/?npc=19516

(www.bosskillers.com、Ramaladniさんによる記事を適当に翻訳)
2007/06/30 改訂






<Introduction>

Void ReaverはThe Eyeの前半部 3 Bossの内の1体であり、
Kael'thas Sunstriderへ挑戦するための条件の1つ
でもある。他の2 Boss に比べ、Void Reaverはシンプルな
スクリプトを持つ割にTier 5のshoulderをDropするため、
アクセス可能な状態にあればすぐにでも挑戦するとよい。
450万のHealthを持ち、タイムリミットは10分に設定
されている。


<Overview & Preparation>

部屋内のTrash(雑魚Mob)はVoid Reaverのengageと同時に
aggroしてしまうため、全て掃除しておくべきである。
特に必要な消費財は無いが、タイムリミットまでに
倒すことができない様であれば、DPSクラスはflasks や
elixirsを使用すべきである。


<Group Composition>

タンクとDPSが非常に重要である。多くのThreatを
獲得するために、Prot WarもしくはFeral Druの
4タンクが必要である。Spriが存在し、DPSのヒールを
補助することが可能であれば、メインとなるヒーラーは
6人で充分。Void ReaverはMeleeレンジに対する360度の
特殊能力を持つため、残念ながらMelee DPSはあまり
求められない。しかし、タイムリミットまで余裕が
あるような場合はMelee DPSを2名追加しても攻略可能
である。ShmのWindfury Totemは非常に有用であるため、
2人は確保しておきたい。


<Buffs>

通常のBuffに加え、Improved Commanding Shoutは
低Healthプレイヤーの助けになる。
Dampen Magicの使用もダメージ軽減に結びつく。2人の
Shmはタンクを担当し、Windfury Totemでaggro獲得の
補助を行う。また、高いThreatを獲得しやすいクラスに
対してはTranquil Air Totemでサポートする。


<Abilities>

Pounding
Bossを中心とするAoEで、18y範囲内にいる全てのターゲットに
1.4-2.2k arcane dmg / sec を3秒間に渡り与える
(2.2k×3sec = 約6.6k dmg)。クールダウンは12sec。

Arcane Orb
3-4秒毎にランダムターゲット(Melee範囲以外の
プレイヤーが対象)へ向けてArcane Orbを発射する。
着弾すると同時に4.6-6.3kのarcane dmgと6秒間の
サイレンスを20y範囲にいるプレイヤー全員に与える。
約3秒に1度の頻度でキャストされる。
移動速度が非常に遅いため、容易に逃げることが可能。

Knockback
Aggroを持っているプレイヤー(MT)単体をノックバック
させる。ノックバック自体の距離は短いが大量のThreatを
失ってしまう(0になる訳ではない)ので注意が必要である。
クールダウンは約30秒。


<Strategy>

The Pull
Void Reaverは部屋の西端(エントランスの反対側)にいる。
MisdirectionをMTに使用し、Bossを部屋の中央に
おびき寄せる。Meleeクラス以外のプレイヤーは、以下の図
のように散会するとと。

Positioning
以下の図のように配置する。タンクは中央にBossを
キープし、5グループは円上に散会する。全員が最大レンジを
保って位置することでArcane Orbの回避が容易になる。





<Fight Progression>

戦闘開始から終了までスタイルは一貫しており、
時間経過に伴う特別な対応は必要ない。
Arcane OrbやPoundingに耐えられるよう、最大Healthに
近い状態をキープし続けるのが望ましい。もちろん、
避けやすいArcane Orbのダメージは最小限にすること。
ノックバック効果によってMTのaggroが失われるため、
残りの3タンクがそれを補うようにbossをキープすること。
Aggroを失ったタンクは、残りのタンクがノックバックを
受ける前にDPSメンバーより高いthreatを稼ぐよう努めなければ
ならない。この4タンクによるローテーションを終了まで
維持すること。

タンクはCommanding Shout と Demoralizing Shoutを
絶えずかけ続けること。OT時は可能な限りthreatを稼ぐ
のが望ましい。Poundingのダメージを受けることでrageを
得てthreatに結びつけるのがポイントである。

ヒーラーはmeleeレンジ内メンバーのHealthを常に最大付近
に保ち、次のPoundingに耐えられるよう努める。同時に、その他
外周にいるプレイヤーと同様にArcane Orbからのダメージを
避けることに集中すること。

Arcane Orbがキャストされる前にBossは対象をターゲットする
ため、余裕があればtarget of targetを確認して回避行動に
移ること。

Palはタンク以外がaggroした場合に、Blessing of Protection を
使用すること。


MeleeDPSの注意

タンク以外のMeleeDPSは、Poundingを回避するよう努力すること。
キャスト間隔が12-15秒であるため、18y範囲外に逃げるための
2-5秒を差し引くと、毎ターン約10秒程度は攻撃に専念できる。
RogはCloak of Shadowsを上手く利用すること。

その他の注意

レンジDPSはArcane Orbからダメージを受けた場合、包帯を使用
しヒーラー負担を低減させること。とにかく喰らわないことが大事。

Threatを発生させやすいSpriはaggroを取りやすいため特に注意
すること。
Arcane Orbからダメージを受けたメンバーへの回復によるthreat
が蓄積しやすい。もしaggroしてしまった場合は中央に移動し、
PalのBoPかタンクがthreatを稼ぐのを待つ。


取り急ぎ適当に翻訳しました。

以上を踏まえて以下の動画をご覧ください。


1:画質は低いですが解説入りのMovie
(解説文字が出た時に一時停止すると読み易いです)







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。